渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 江〜姫たちの戦国〜 第8話

<<   作成日時 : 2011/02/27 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

とりあえず

「江は見た!初めての『父』の本当の優しさを」

今回も色々とやってくれるわなぁ



小谷城にまるでピクニックに行くかのような姫達

しかも乳母とか供の者が全くおらんし


秀吉のキャラの方向性がイマイチ掴み切れんし


やっぱり二十歳以上の女優さんが
十代の役をやるとこに違和感バリバリだし


まぁ色々ありましたが
笑いのポイントも感動のポイントも
全部オイシイとこは勝家さんがもってきましたね



ちょっとデフォルメしてみた



この感じだと柴田さんが出てる間は視聴率も安定するかも

まぁ、あくまでもカモですけど; ̄▽ ̄ゞ



さて、柴田勝家さん

実は初婚で子供は皆養子ですからね

60歳で35歳の市と結婚

25歳の年の差結婚ですからねぇ


ちなみにあの風貌から戦一辺倒の猛者に見えますが
内政の手腕に優れていました

福井市がある越前は一向一揆により荒れ果てていたのですが
勝家は越前の城下町や道路を整備して流通をよくしました

また、一揆が起きないように刀狩りを行ったとも言われています

そうして、今の福井市の礎を築いた方だと言われています


でもって、福井県では毎年
「ふくい春まつり」が催されて
毎年、市役と柴田勝家役の方が選ばれてるようです


それから福井市には「柴田神社」があるそうです

主祭神は柴田勝家
その主祭神と縁故のある神として妻の市も祀られています

でもって、境内には市の娘達を祀る三姉妹神社があるそうです(  ̄ノ∇ ̄)


ということで、柴田勝家は昔から愛されていたキャラだったようです



さて、次回は折角萌えキャラとなった勝家とお別れになる、その前話のようです


ようやく大地さんで持ち直したというのに
その大地さんがいなくなってしまうと、このドラマはまたつらくなりそうです(; ̄∀ ̄)ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
江 -姫たちの戦国- 第8回「初めての父」
前回かなり厳しい意見を述べてしまったのですが、それをどこかで打開してくれるのではないかと思い、これからも見続けようと思っています。その中で今回は今の時代でもありがちな新しい父のことを認められないという子供に手を焼く親の構図でした。 こういった内容については、戦国時代という時代性を考慮してどのように葛藤するのかといったところが見どころだったのですが、茶々と初の態度は完全に今の時代そのもの。親のことをかたくなに認めようとせずに自分を通す姿は決して見ていて楽しいものではありません。しかも、それが大河ド... ...続きを見る
あしたまにあーな
2011/02/28 00:15
【江〜姫たちの戦国〜】第八回
天正10年、秋。江(上野樹里)たちは、母・市(鈴木保奈美)の新しい嫁ぎ先、越前・北庄(きたのしょう)城に移る。茶々(宮沢りえ)や初(水川あさみ)は、義父・勝家(大地康雄)... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2011/02/28 02:56
江 〜姫たちの戦国〜 8話
ちぇーっ!つまんないのーーーー。 突っ込みネタドラマとして楽しむことにした私にとっちゃ 今回の普通のホームドラマな江がまったくもって 面白くなかったです。 ...続きを見る
Simple*Life ドラマ感
2011/02/28 20:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
勝家、ちょう〜似てますね(⌒▽⌒)
今回は、ただのホームドラマを見せられた感じでした。
勝家は可愛かったけどね、みんな豹変しすぎ( ̄∇ ̄;)

勝家って初婚だったのですか〜。
私は妻をだいぶ前に亡くした人だと勝手に思ってました。

大地さんの勝家は素朴で可愛い人です。
落城の折には今度こそ泣かせてくれ。。。と思うんですが。。。
たぶん、また江の面影を見ながら死んでいくんでしょうね( ̄∇ ̄;)
くう
URL
2011/02/28 03:09
こんにちは。
先週、三法師を抱いて現れた秀吉のセリフ「このお方をどなたと・・・」が、水戸黄門そのもので爆笑したのですが、今週またそのシーンがあってまたもや大笑いしてしまいました。
政治駆け引きの緊迫したシーンの筈なのにギャグになっちゃう大河って(笑)

土曜日に放送していた「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」の方がずっと大河っぽかった気がします。
そして、「遺恨」で山岡鉄舟役の北大路欣也さんが臨終間際に主人公に返すものを家族に指示したシーンを観て、「この後、江を思い浮かべながら死んだらどうしよう!」と、妙な心配をしてしまったり。

勝家、てっきりずっと以前に正室を亡くし、側室にも子どもが生まれないまま、正室の座が空席になったままの人かと思っていました。
う〜ん、勉強になります。
もちろん、大河ではなく、こちらのサイトが(言うまでもない。と言うより、比べるなんて失礼!)
rino
2011/02/28 13:32
くう様
勝家はこれくらいのキャラが
このドラマにはちょうどよさそうです ̄▽ ̄

子供だと、豹変するのも分かるんですが
子供を演じる大人だとその豹変に違和感を
感じてしまうのは私だけでしょうかね(; ̄∀ ̄)ゞ

>たぶん、また江の面影を見ながら死んでいくんでしょうね( ̄∇ ̄;)
悪夢再来(; ̄∀ ̄)
ikasama4
2011/03/03 00:36
rino様
こんばんはです
ああ、あのシーンはたしかに
水戸黄門のような展開でしたねぇ

「遺恨あり」はなかなかの展開でしたね

勝家に関して市よりも前に正室がいたかどうかは
よく分かってないらしいです

もし、正室がいたとしたら
市は継室になるから初婚になるのかなと
思ったりもしたんですけどね

まぁ新事実が出ない限りは
勝家は市とは「初婚」という事で押し通します(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2011/03/03 00:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
江〜姫たちの戦国〜 第8話 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる