渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 江〜姫たちの戦国〜 第1話

<<   作成日時 : 2011/01/09 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 8

さてはて、大河ドラマストーリー本を読んでたので
大体のあらすじは知っておりましたが

第一話が江が生まれるまでの経緯を描いた物語


夫と兄が命を賭けて戦う


本当は悲哀に満ちた物語なんでしょうけどどうもねぇ。


初回はイマイチでしたが
ま、始まったばかりですし

これから主人公の見せ場になるのかなって感じで見てみました



気になったのは

ちょいと主人公を持ち上げてるところがチラチラ気になるのと


それとどの作品でもそうですが
浅井長政には側室が出てこない事

そして、なにより万福丸と万寿丸がいない事


ここが一番驚きでした



とりあえず次回からが本番ってことでいいと思いますが


江が信長に父を見ていたという設定には
個人的にはなるほどと思うところがあります


江は自分の子に「忠長」と
信長の一字を取って名付けてますからね


「家光」に関しては
最近は家光は春日局が生んだって説があって
個人的にはそっちがしっくりきてるので; ̄▽ ̄ゞ


後、信長描いてみました





とりあえず、今のとこはあまりあくせくせずに見れそうです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「江〜姫たちの戦国」第1回「湖国の姫」
楽しみなような心配のような 今年の大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」が始まった。第1回の感想は以下のとおり。 ○江(上野樹里)のキャラがのだめ。ビオラ(水川あさみ)がいたせ ... ...続きを見る
V36スカイラインクーペが欲しい!
2011/01/09 23:11
【江〜姫たちの戦国〜】第一回
織田信長(豊川悦司)の妹・市(鈴木保奈美)の娘は三姉妹。三女・江(ごう・上野樹里)は父の記憶がない。永禄11年、京へ上洛(らく)をもくろむ信長の命で、市は北近江の浅井家に... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2011/01/09 23:29
江 -姫たちの戦国- 第1回「湖国の姫」
舞台を幕末から再び戦国時代に戻って始まった江ですが、そのオープニングは篤姫を思い出させる妖艶な音色で始まります。ピアノの穏やかな曲調から突然テンポが速くなるところに違和感がありましたが、きっと5回くらい聞けば耳になじんでいい曲だなと感じるのだと思います。 始まりは、江を含む浅井三姉妹の饅頭争いという完全な内輪もめから始まります。一体どの時代での出来事なのかわかりませんが、ここからわかることはこの3姉妹がすごく仲がいいということ、そしてキャストがかなり豪華であることでした。 長女・茶々(宮沢りえ)... ...続きを見る
あしたまにあーな
2011/01/10 02:34
『江~姫たちの戦国~』第1回「湖国の姫」
戦国。室町幕府の衰退とともに、大名たちが。。その戦国に大輪の花を咲かせた江という女性の物語です。茶々が花を生けているところに、初が怒ってやってくる。饅頭、食った食わない... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2011/01/10 21:20
お市は信長の従妹??
いよいよ江が始まりましたね ...続きを見る
函館 Glass Life
2011/01/11 14:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
トヨエツ信長さまがしゅてきです♪

>ちょいと主人公を持ち上げてるところがチラチラ気になるのと

ちょいとどころか。。。!
生まれたとたんに「希望だ」ですからね。。。
この先どうなるのか不安だらけです。
何げにお篤どころか兼続さま以上に持ち上げられてしまうかも知れませぬ。

>「家光」に関しては
最近は家光は春日局が生んだって説

私はその説には真っ向否定派でございます( ̄∇ ̄;)
この大河では徳川に入ってからのお江がどう描かれるのか、
それが私の一番の関心事なのですが、イラッとしそうな気もしてます。
(今日だけでももう充分所々イラッとしたので^^;)

とりあえず。。。お大事に^^
くう
URL
2011/01/10 01:56
あけましておめでとうございます。
早速のトヨエツ信長、今年もどんな名作を描かれるのか楽しみにしてます^^

何というか悪い方向にいきそうな気配がたちこめる初回でしたね。

>そして、なにより万福丸と万寿丸がいない事

そうなんですよねー!
あの時代の一国一城の主に側室は当然で、側室がいるからといって正室との関係が悪いわけじゃない(はずな)のに。
家康や秀吉のように側室の数が多い場合、重要でない側室をはしょるのは仕方ないけど、正式に側室を置かなかった秀忠や山内一豊あたりを除いては、側室の一人や二人画面スミにでも登場させればいいと思います。
どうしても側室を置きたくない、あくまでもスイーツ大河にしたいなら、せめてお市の方の子という説もある万寿丸だけは登場させてあげても・・・。
あの時代、何より重要視されたはずの跡取りが一人もいない状態で、敵対した家出身の姫なんて、どれだけ居場所がないか。
そんな中で政略結婚にしか使えない(と言い切っては何ですが)3人目の姫が生まれて「この子は希望だ」って、あまりにも時代的にあり得ないセリフです。
お市の方が1男3女を生み、せっかく脱出したけど一人は殺されてしまった設定の
方が悲劇性・ドラマ性も増したと思うのですが・・・。
rino
2011/01/11 13:18
そして上野樹里さんが7歳からを演じるというのもいかがなものかと。
ここ数年毎年思うのですが、昔のようにもう少し長く子役時代があっていいのでは? と思うのですよ。
やっぱり本当の子どもが演じることによって、当時の過酷さも実感できるし。
お江の場合、最初の結婚くらいまで子役でいいと思います。
中学生くらいの子が政略結婚させられて知らない土地に行き、大人の都合で別れさせられる場面を見れば、制作側が欲しいであろう視聴者の涙も誘えるでしょうに。
少なくとも、北の庄落城までは芦田愛菜ちゃんにお江を演じてほしかったです。
rino
2011/01/11 13:20
おお!トヨエツ信長だ〜〜
トヨエツさんは悪くなかったけれど、全体に篤姫を超えるものではなかったという印象ですね〜人数が多いぶん拡散されているっていうか。
NHK朝ドラと民放トレンディドラマが混ざったような薄〜い感じ?
番宣やりすぎによるウンザリ感もあるかも…

>最近は家光は春日局が生んだって
えええ〜〜私は初めて聞きました。秀忠とおふくが、ってことですか?そりゃあお江が黙っちゃいないんじゃ?
それとも実は秀忠と家光が親子でなく兄弟とか?!
その話くわしく知りたい!
SFurrow
2011/01/11 18:26
くう様
個人的になかなかいい感じで
信長がかけました ̄▽ ̄

まぁ主人公だからってのは分かるんだけど
まだ始まったばかりでちょいと過剰な気も
するなとか思ったんですが

そういえば篤姫も最初はこんな感じでした; ̄▽ ̄

家光に関してはあれこれ謎がありますが
謎があれば、あったで個人的には楽しいもんで

最近の天候は厳しいもんがありますからね
今後も気をつけます
ikasama4
2011/01/13 07:56
rino様
あけましておめでとうございます

この時代は一夫多妻制みたいなもんですからね

まぁドラマ上、側室を描かないことで
ドラマとしての悲哀を高めるのはわかりますが

それだったら万福丸とかはやっぱり
描いてほしかったですよねぇ

それについてはつくづくそう思います
ikasama4
2011/01/13 07:56
rino様
ああ、上野さんは7歳ですかぁ
まぁ大河では往々にしてある事ですね

以前あった「利家とまつ」では
まつが12歳の頃を松嶋さんが演じてましたからね
あれも大概でしたが ̄▽ ̄

ま、大河であると自分よりも若い役柄を
声のトーンなどで演じてるとこもあるので
その辺が個人的な見せ場かなとか思ってみたりします

北ノ庄落城までならば芦田さんで十分だと私も思います

が、その辺は局の都合ってのがあるんでしょうね ̄▽ ̄
ikasama4
2011/01/13 07:56
SFurrow様
まぁ篤姫も最初からよかった訳ではないですからね

あのドラマが面白くなってきたのは
相手を思いやる心、その見せ方でしたからね

特に家定との関係
あそこからこの作品は一段と素晴らしくなりました

個人的に家定を演じた堺さんと
この作品で秀忠を演じる向井さんとは
ちょっと雰囲気が似てる気もしてるので
この辺りをどう見せていくのか楽しみにしております

家光の母は春日局説
これについてはこういうのがあります↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%85%89#.E7.95.B0.E8.AA.AC

こういう可能性があるってところが
歴史の面白いとこですね
ikasama4
2011/01/13 07:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
江〜姫たちの戦国〜 第1話 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる