渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 江〜姫たちの戦国〜 第4話

<<   作成日時 : 2011/01/31 00:45   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 8

いやぁ今回も色々と疑問な点がありましたねぇ

まず、一番の疑問点は明智光秀の娘・玉

明智光秀の娘だから、明智家にいるってそれはおかしいですよね

知っている人ならばご存知かとは思いますが、後の細川ガラシャ


たしか、もうこの時点で細川家に嫁いでいるはず


それが何故、実家にいる ̄▽ ̄;



それから、今更だけど森家には森千丸という小姓がいて
1582年には色々あって実家に帰されるんだけど

それまでに出てこなかったとこをみると

どうしても設定上
森「三兄弟」と浅井「三姉妹」にしたかった制作サイドの思惑が感じられます


とりあえず、信長が天皇をも差し置いて神になろうとした

それを江もそうですが、光秀も不遜だと感じた

今まで自分の扱いが不当だというところと重なって

信長を討つ決心をした、という展開でしたね


明智光秀が謀反を起こした理由は色々ありますが
今回の作品では、「自分が神になろうとした」

天皇を見下して――――


というところがその理由って感じでしたかね

でもって、そういう信長が嫌いだと思った江は
それが心残りになっていくという展開にもってきたいようです


しかし、1582年において10歳という江の設定はまだまだ無理があります
 ̄▽ ̄;



それから、茶々を天皇の后にするですかぁ

これも後に江の娘が天皇の后になる伏線なんですかねぇ




最後に森三兄弟をば




全員を官製ハガキに入れようとしたら蘭丸がちと小さくなってもうた; ̄▽ ̄ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
江 -姫たちの戦国- 第4回「本能寺へ」
物語は、お市と3姉妹のお香体験教室から始まります。まだ話全体の作りについて理解できていないので単純に3姉妹がじゃれ合っているようにしか見えず、ただただ微笑ましい姿だと思ってみていました。しかし、今日の話の流れを考えながら見ていったときに、このオープニングシーンにはものすごく今日の出来事の重要な要素をしっかりと自分たちに伝えていたのではないかと思うようになりました。 茶々や初は浅井長政の愛用のお香を自分にとって一番の香りであると感じるのですが、江にとってどれが自分にとって一番の香りなのか分かりませ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2011/01/31 00:56
江 〜姫たちの戦国〜 3話
信長も、龍馬のような事を言ってるな。 天下泰平のために、市を側におき、娘たちをそれぞれ 天皇、大名に嫁がせると・・ ...続きを見る
Simple*Life ドラマ感
2011/02/01 09:23
【江〜姫たちの戦国〜】第4回と視聴率「本能...
第4回の視聴率は、前回の22.6%より下がって、21.5%でした。残念ながら、このドラマの最低視聴率でした。&nbsp;『江』のガイドブック、自分のアフィリで買ってしまいました♪大河ドラマ... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2011/02/01 13:45
【江〜姫たちの戦国〜】第四回
天正9年、春。江(上野樹里)たちは信長(豊川悦司)が開く「馬揃え」に招待され、訪れた京で明智光秀(市村正親)や娘・たま(ミムラ)と出会う。圧倒的な華やかさで群集を魅了す... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2011/02/01 20:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
歴史しらないと本当に恥ずかしいですねぇ。>私
織田さんは傲慢で人を人とも思わなかったっていう
程度の知識しかないので、それに光秀はついていけなかったんだろう?
っていう認識しかなかったんですけど、
いろいろと裏ではあったわけですね。
まぁ。ほとんどファンタジーに近い感じみたいですね。
だって10歳を20の人が演じてるわけですし・・・。
みのむし
2011/02/01 09:25
>知っている人ならばご存知かとは思いますが、後の細川ガラシャ
たしか、もうこの時点で細川家に嫁いでいるはず

私も「あっ」と思いつつも「わ〜いミムラだ〜」と思いながら流してました。
他にツッコミ所が多すぎて、もう麻痺してしまってますわ。

来週の本能寺は泣けるんでしょうか。。。
くう
URL
2011/02/01 20:50
>細川ガラシャ
いちおう、「細川様に嫁いでおられます」とか言っていたけど、この当時、いったん嫁いだ女性がそんなに気軽に里帰り出来るのかヒジョーに疑問でしたね。「今日は亭主が出張だから実家に泊まってんの〜」とかケータイメールでも始めるんじゃないかと思った(>_<)
それはともかく、来週はもう本能寺。このテンポの速さはキライじゃないけど。そうすると来週の最後あたり、もう斎藤利三が処刑されお福が出てくるって展開になるんでしょうか? お福は富田靖子さんだそうですが、これも最初から本人の登場なのか?
SFurrow
2011/02/01 21:18
あれ?
江たちが玉に会ったの、明智の実家でした?
わたしはてっきり、京都見物中にどこぞのお寺参りしたら、そのお寺に参詣中の光秀・玉親子とばったり会ったのだと思っていました。
なので、寺のしかも部屋の中にいる光秀を目ざとく見つけ(しかも後姿)、「明智様〜!」と寄ってった江はすごいなと。
ええ、いろいろな意味で(苦笑)
でも、既に嫁に行った玉がなぜいる? とは思いました。
一緒にいるならは煕子でしょうと。
煕子と光秀は仲がよくて側室もいなかったそうだから、スイーツ大河にもぴったりなのに。

まあ、坂本に帰ることはできなくても、京都のお寺になら詣でることを許された玉が久々に父とお寺で会ったという設定なのかもと、苦しい解釈をすることもできますが、おかしいのは馬揃えのシーンですよね。
市母子のなぜ隣に座っている??
細川家嫡男の正室ということで、お館様の妹と並ぶ場所なのでしょうか?
だったら、娘3人は乳母と共にもっと別な位置にいるべきな気もするし。
突っ込みどころ満載です。

それにしても、ここまで光秀と絡ませるなら、いっそ「これは家臣の家に近頃生まれた娘です」と言って、赤ちゃんのおふくも会わせるシーンを作ってしまえばいいのに(笑)
rino
2011/02/02 13:14
みのむし様
いつの時代もそうですが
先見の明があって、色々な革新をする人
そして、伝統を守ろうとする人

そういう人達の中で譲れないものがあり
根幹は同じはずなんですが、それによって
ズレが生じてしまう

こういうのは言葉にして相手に伝えないと
いけないんだろうなと思ったりします

ま、ドラマだからとはいえ
ある程度、ファンタジーの領域は抑えてほしいもんです
ikasama4
2011/02/06 09:56
くう様
たしかにミムラはキレイでした
年を重ねる度にどんどん美しくなってる印象を受けます

さて、本能寺
どうなるんでしょうねぇ(; ̄∀ ̄)
ikasama4
2011/02/06 09:57
SFurrow様
う〜ん、嫁いでいるのであればねぇ
もうちょいと細川家の方々を出しても
よかったと思うんですよね

それが玉単独だから、どうも浮いてしまうんでしょうね

とりあえず、仮にお福が出たとしても
まだ赤ん坊でしょうから、全然大丈夫でしょう; ̄▽ ̄

それで富田靖子さんが登場したら
もうどん引きです; ̄▽ ̄
ikasama4
2011/02/06 09:58
rino様
えっと、もう覚えてないですね; ̄▽ ̄ゞ

まぁお寺とはいえども細川家の方々
特に忠興には玉に惚れる男が現れるのが嫌で
外出させるのを禁じたとかいう逸話もあるくらいの方ですからね

たしかに煕子の方が自然です

わざわざ玉を出したのは今後の伏線なんでしょうが
個人的にはちと無理矢理感がありますね

そういえば馬揃えのシーン
たしかに家格などを考えたらあの席順はちとおかしいですね

お福については登場させてもいいですが
それなら、それでまたあざとさが目立つようで
個人的には止めて正解かと; ̄▽ ̄
ikasama4
2011/02/06 09:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
江〜姫たちの戦国〜 第4話 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる