渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 江〜姫たちの戦国〜 第3話

<<   作成日時 : 2011/01/23 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 4

なるほどですねぇ

築山事件で徳川家康は正室・築山殿を殺害し、息子・信康を切腹させた

市は兄・信長は家康を試したと言ってましたが

彼が家康に命じたことは
「自分ならばそうするであろう事」


信長は生まれてからすぐ城主となったため
母の元から離れて育てられた

そして、実弟が家督争いを巡って自分を殺そうとした

そして、母は溺愛する弟の味方になった



その時の経験が
「自分以外は信じられない」人間にしてしまったという事かもしれません


それを考えると面白いもんですね



今回の作品で触れるかどうかは分かりませんが

江の長男は生まれてすぐ乳母が育て
そして次男を溺愛してしまい

その結果、兄弟で醜い争いが起こり、結果
母の死後に次男は兄によって切腹させられるんですよねぇ



それを考えると、今回の信長のお話は
この江の伏線でもあるのかなと思ったりなんかして ̄▽ ̄


それから

ルイス・フロイス

秀吉の妻・おね

そして、千宗易



これらに共通するのは信長に対して率直にモノを言う


一方、明智光秀は自分の不満を一切口にしない



その辺があの信長の態度に表れているという事でしょうかね


あの光景を見てると光秀は自分の言いたい事が言えずに
爆発してしまい、あの本能寺が起きたのかなと思えてくるところがあります



それにしても何でも知りたいと思うのは傲慢だという千宗易


それを考えると信長の性格と江の性格はよく似てますね


しかし、信長があんな風に異国の言葉をしゃべれるとは
でもって、早くから異国の侵略への対抗を考えていたとは


いやはや、恐るべし先見の明です ̄▽ ̄



それにしても次回はもう本能寺ですかぁ。早いなぁ ̄▽ ̄;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
江 -姫たちの戦国- 第3回「信長の秘密」
今回の大河ドラマの見方を昨年までの龍馬伝や戦国時代の男たちの戦いという、毎回が激動の内容が含まれているという考え方から変えた方がいいと感じました。今回は、特に大きな歴史上の動きも少なく、あるといえば今後謀反を企てる明智光秀への冷たい仕打ちによって、明智の無念の思いを募らせるくらいでしょうか。 それよりも大きいのは、江という一人の人物の目を通してみる世界というものは、歴史の上では決してみることができなかったような人の本当の思いを映し出してくれるということ。今回でいえば、信長はもちろんのこと、千宗易... ...続きを見る
あしたまにあーな
2011/01/24 00:35
【江〜姫たちの戦国〜】第3回と視聴率「信長...
第3回の視聴率は、前回の22.1%より更に上がって、22.6%でした♪好調ですね♪びっくりです(笑)&nbsp;今回、いきなり「築山殿事件」の説明があって驚きました。天下統一を目指す信長(... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2011/01/24 12:09
慕い続ける江 〜江・信長の秘密〜
前回以来、信長に父の影を重ね合わせた江。 そこは茶々や初とは違うところか。 いつもいつも、信長を毛嫌いする初と、慕う江のケンカが出るのはほほえましいというか。 とはいえ上野樹里、ちと演技がかたい... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2011/01/24 16:00
江 〜姫たちの戦国〜 3話
やっぱり、少し無理があるよねぇ。と思わずにいられない 江〜姫たちの戦国〜です。 ...続きを見る
Simple*Life ドラマ感
2011/01/24 18:16
【江〜姫たちの戦国〜】第三回
天正7年、秋。江(ごう・上野樹里)は織田信長(豊川悦司)にほれ込むが、信長の命で家康(北大路欣也)が妻と嫡男を死なせたことに驚く。信じがたい非道な命を下した信長の真意を... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2011/01/25 01:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
今回もオリジナルエピソード満載でしたねー。
史実は誰かの口で語られるだけの「渡る世間は鬼ばかり」方式を採用。

そして今回のタイトル「信長の秘密」って結局、「信長は孤独なんだよ」ってことでしょうか?
それとも「外国や芸術への理解が深かくて、ポルトガル語も話せたんだよ」?
もしくは「できる限り側室の存在をなかったことにしてるけど、信長の兄弟は22人(23でしたっけ?)と、自分の父親はいっぱい側室持ってたことを明かしちゃったよ」?

それにしても、市が江は信長に父親を見ているのだろうと分析していましたが、母娘を預かっている信包の立場は? 海にも連れていってあげてるのに・・・と、突っ込みそうになりました。
姉妹が口にする「伯父上」は完全に信長を指す言葉だし。
せめて「安土の伯父上」とかでないとあまりにも信包が不憫。
居候の立場なのに安易に安土行きを決めた江の旅にかかる費用も信包持ちなんでしょうね。

それにしても、伊勢上野城にやって来た光秀を迎える信包の隣に控えている市にも驚きました。
まるで信包の正室のようで(苦笑)
それにしても、いくら主家の姫とはいえ、あの場に女性が立ち会うなんて不自然な気がするんですけどねえ・・・。

そしてやっぱり、今回のような「教えて教えて」状態は子役さんに演じて欲しかったですね。
ほんと、子役2段階時代が懐かしいです(「毛利元就」で森田剛から中村橋之助に、「独眼竜政宗」でゴクミから桜田淳子にバトンタッチしたときは驚きましたが)。
rino
2011/01/24 13:30
光秀は自信ないとかおっしゃってましたが、良いじゃないですか〜!
利休も素敵ですが、光秀も良いですよ〜♪

>でもって、早くから異国の侵略への対抗を考えていたとは

まるで前年の大河。。。。。
と言うツッコミはしちゃダメっすか( ̄∇ ̄;)

本能寺早すぎ!
信長が居なくなったら何を見ればいいのかな〜。
くう
URL
2011/01/25 01:26
rino様
この作品では登場人物の内面性を
描いておりますが、とりわけ「権力者の孤独」が
焦点になるのと、信長の生き方を

江も似たような形で辿るというところが
この作品にはありそうですね


信包は温厚な方ですからねぇ
それにかなり気性の激しい女性だし

何せ「葵徳川三代」では岩下さんが演じてましたからね

たしかに信包が登場しているのですから
もうちょっとやりようがあるのかなとか
思ったりするんですが

個人的には有楽が出てこないのがちょいと; ̄▽ ̄


ちなみに2段階子役は
「北条時宗」や「義経」の時までは
ちゃんとやってたんですよね

個人的に「利家とまつ」の頃から
おかしくなったような気がします ̄▽ ̄;

どーにか、あの頃に戻ってこないもんですかねぇ
(遠い目)
ikasama4
2011/01/27 20:34
くう様
いやぁそう言っていただけるとちょっとホッとしました
(;´ー`)フゥ

たしかに先見の明がありすぎな信長
これはもう当時の武士は誰もついてこれなかったんでしょうね

それにしても本能寺はやいですねぇ

多分、こっからもっと早くなりますよ(; ̄ノ∇ ̄)
ikasama4
2011/01/27 20:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
江〜姫たちの戦国〜 第3話 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる