渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 天地人 第34話 「さらば、越後」

<<   作成日時 : 2009/08/23 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 8

今回のあらすじは


●秀吉より越後から会津に国替え(+加増)をお願いされる兼続

●兼続は景勝に国替えに関して越後より日本国の安泰という「義」を持ち出し説得。

●上杉家の家臣達は主と共に会津に行く者、農民となって越後に住む者がおりました。

●兼続は国替えにおける悔しさをお涼と一夜限りながら浮気をして晴らしました。

●無事に上杉家の国替えが完了しました。





まぁこんなとこですかね ̄▽ ̄ゞ




オープニングで兼続の活躍が紹介されてましたが
兼続の事しか言ってないのに、何故か景勝の写真が
出てたのは気になったのと

後は何故、上杉が会津に国替えにされるのか
その経緯がバッサリってとこですかね。





という事で会津の国替えに関して相当説明が足りないので
ここである程度の補足をば。



まず、会津92万石の元々の領主は蒲生氏郷でした。

蒲生氏郷の領地には伊達政宗の旧領・米沢などがあった事から
奥州、特に伊達家の抑えとして彼がこの会津に配置されたと
考えるのが妥当でしょう。


ですが、1595年3月に蒲生氏郷が40歳で急死します。

蒲生氏郷に遺された子は当時13歳の秀行。

秀吉は蒲生家の会津領の相続を認めず、
会津領を召し上げ、代わりに近江に2万石の所領を与えようとしていたそうですが

この当時、存命であった関白・秀次が
会津領の相続を認めたそうで、こうした
秀吉・秀次の政治機構の行き違いが秀次事件の一因になったとも
言われていますが、それはさておき。


ただし、秀行が会津領を相続する条件として
秀吉が出したのが、秀行に徳川家康の娘を正室として迎える事だったそうです。


ですが、秀行は若年故に
家中を上手く統制出来ず、蒲生家の実権を巡って
家臣達が争い、御家騒動にまで発展したそうで。

この事態に対して
秀吉は蒲生秀行を会津92万石から宇都宮12万石へ減移封したそうです。


この蒲生家の御家騒動における秀吉の仕置きとしては厳しいものです。


そもそも、この御家騒動を画策したのは秀吉、もしくは石田三成が
首謀者であるという説があるそうで。


秀次事件で最上義光や伊達政宗が処罰されそうになった時
二人を庇ったのが徳川家康だと言われています。

つまり、家康は二人に恩を売ったってとこでしょうか。


そして、蒲生秀行は徳川家康の娘を妻にしています。



そうなれば、徳川は伊達、最上、蒲生をも味方につける事になる。



で、あれば
御家騒動を起こさせて、それを口実に
蒲生を移封させ、代わりに秀吉方の大名―――上杉景勝を
会津に移封させたという事でしょうかね。





秀吉は家督を秀次に譲った事で
家臣達は皆、秀次に近付くのは当然の事ながら

秀吉は秀次を切腹させ、秀次に関係した方々を処罰しようとしました。
まぁ実際に処罰された方もいます。



そういう方々が後の関ヶ原で東軍=徳川方についた事を考えれば
この作品で家康が秀吉の上杉に対する加増を「付け焼刃」の策というのも頷けます。


まぁこういう経緯があるのであれば
蒲生の騒動と秀次事件を絡めて今回の国替えを描いた方がヨカッタのかもしれませんね。



それから私の記憶が正しければ
原作では国替えの際、兼続が謙信公が遺した言葉

『運は天にあり 鎧は胸にあり 手柄は足にあり―――』

この一節を読んでいたシーンがあったのですが
これではバッサリでした。

まぁそれをやると
一昨年の大河を思い出させてしまうというのもあったのかもしれません。



それと
この越後でわしのしてきた事は一体何だったのであろう。

この兼続の台詞はヨカッタと思います。

兼続の功績はどうであれ、越後のために奔走してきたのに
それが国替えによって全ての努力が水泡に帰したような感覚

それがかなり伝わってきました。


が、それはそれとして
それほどまでにお涼のアップが必要なのかが疑問ですね。



それと紙で作った雪。
あれは勘弁ですねぇ。

フツーに雪降らしてるのになぁ ̄▽ ̄



それと回想シーンはなんでもかんでも詰め込んでましたね。

でもって平泉さんが演じた栗林政頼と鈴木さんが演じた深沢利重が出てきましたが
二人はいつ死んだか分からんですね ̄▽ ̄



さて、次回は秀吉が死ぬようですがエライアッサリだなぁ ̄▽ ̄


でもって、次回は三成の家臣・島左近が登場しますが
その島左近を演じるのは若林豪さんだそうで。

キャラとしてはなかなか強烈ですね。


最後に三成をば















描いてみて思った事。
意外に額が広かったなぁ ̄▽ ̄ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天地人 第34話「さらば、越後」
 はい、今週は、上杉家と家臣団、領民込みで越後を去り、会津へ集団移民する話で、それ以外何もないんですが、感心しましたね。よくもこんだけの薄いネタで1回分が埋められるもんだと。どーやって埋めるかというと、へたなセリフで水増しするとボロがでるのは学習したらしくて、無言が多い。やけに長い見つめあい場面が(それも何度も)+遠い目をして物思いにふける場面が何度も+お約束の回想シーンがテンコ盛り、という、じつに安上がりな手法。こうなるともう涙ぐましくなってきます。。  んで、このとき上杉移民団が踏んだ道が「... ...続きを見る
遊人庵大河塾
2009/08/23 23:00
天地人34 「兼続は上杉謙信を超えた!」いくら何でも言い過ぎでしょ!
謙信を超えた!? 謙信を超えると言うのは尋常ではありません。 そんなすごい戦国武将がどこにいるんだ!? 誰が超えたのかと思ったら ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2009/08/23 23:15
天地人 第34回「さらば、越後」
とうとう大きな時代の変換点がやってきます。前回からすでに日本を統率する力がないと判断され、五大老制度を取り入れることになった秀吉の政権ですが、今回その秀吉も病に伏せってしまうようになりもはや天下人としての趨勢もないような状況にまでなってしまっています。 ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/08/23 23:25
減封だったかも知れませんね!!
冒頭、秀吉は秀次の亡霊に悩まされている感じでした よね{/baikin_1/} 絶対的な権力者でも死が近づくとああなってしまうの でしょうか?? 人身位を極めた者でも一人で死に向かうしかありませ ん{/kaeru_alone/} 死に際はどんな人間でも同じ様ですね{/hiyo_uru/} ...続きを見る
函館 Glass Life
2009/08/24 16:00
【天地人】第三十四回
昨日は父の誕生会をするため実家に帰っていて、もうドップリ疲れていたのでパソコンも開けませんでしたなので特に覚えている気になった事だけ簡単感想で〜。。。    って言うか、簡単ツッコミかな。。。あのラストの仙桃院と景勝のお別れの場面で、ちょっとグッと来そ... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2009/08/24 16:58
大河ドラマ「天地人」第34話
第34回「さらば、越後」 視聴率14.9% ...続きを見る
またり、すばるくん。
2009/08/26 01:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
途中で「そろそろ終わりか?」と思って時計を見たら、まだ20分も残っていた(笑)
でも、風景はすごく綺麗でしたね〜(ポイントはそこだけ)
それに、回想シーンがやたらに長くて、次回が最終回なのか?と思ってしまった。
最初のお習字見逃してしまいました。「立つ鳥あとを濁さず」かなぁ??
「松永久秀」特集も有難うございます。まさか、「歯が命」の「久秀」つながり…ってわけじゃないですよね?
次回の本多正信も楽しみにしています。もと鷹匠だったんですよね? 大久保氏との抗争など面白いと思います。息子の正純については確か杉本苑子だったか「汚名」という小説を書いていたかと…
SFurrow
2009/08/23 23:38
SFurrow様
私も時計見ましたσ(゚∀゚
正直、会津への国替えをダラダラとやってましたからね。

>でも、風景はすごく綺麗でしたね〜(ポイントはそこだけ)
それは間違いなくヨカッタです ̄▽ ̄b

最初の習字はたしか『謙信を超えた』
だったと思います。

久秀に関しては全くの偶然です(; ̄∀ ̄)ゞ

本多正信は鷹匠らしいですね。
徳川家における本多家はほとんどが
武勇で鳴らした者達揃いなんですが
そういう中で正信は異彩を放っています。

本願寺の下にもいたと言われており
そういった中で謀を学んでいったのかもしれません。

幕府成立後の本多と大久保の抗争は面白いですね。

大久保事件は本多らの陰謀と言われてますが
釣天井事件は大久保らの縁者の陰謀とも言われてますからね。

まぁ本多正信で描くのであれば
釣天井事件はないんですけどね ̄▽ ̄ゞ
ikasama4
2009/08/23 23:52
>この越後でわしのしてきた事は一体何だったのであろう。

この兼続の台詞はヨカッタと思います。

無念さは伝わりましたよね。
気持ちはとっても良く解ります。。。でも、何でこれ、
お涼の前で言うセリフなんでしょうかね。
いつの間に2人はそんな関係に。。。
結局、初音がいなくても兼続くんは浮気するんだって事は
よく解りました(−_−;)
くう
URL
2009/08/24 17:02
くう様
たしかにあの兼続の台詞はヨカッタんですが
その愚痴をこぼす相手はお船ではなくお涼と ̄▽ ̄

これは妻に自分が頼り甲斐のあるとこを見せた以上

その自分が今更ながらに弱さを見せたくない
兼続の意地かもしれません。

とはいえ
>結局、初音がいなくても兼続くんは浮気するんだって事は
>よく解りました(−_−;)
そういう事なんでしょうね(; ̄∀ ̄)
ikasama4
2009/08/24 20:22
>原作では国替えの際、兼続が謙信公が遺した言葉
『運は天にあり 鎧は胸にあり 手柄は足にあり―――』
この一節を読んでいたシーンがあったのですが

たしか、この一説は毘沙門堂の壁に描いてある、みたいな話じゃなかったですかね。
あのハリボテ毘沙門堂のハリボテの岩には描けませんよねえ(笑)。
あと、謙信の遺体は立ったままツボに収められて毘沙門堂に…ってのもあったような。それらしいツボは初めてでてきたようですが、中に謙信遺骸が封印されている、とはひとっ事も。
さすがにグロいとおもったのかなあ。なんか、男女の道もそうなんですけど、いろんなことをお子ちゃまむけの甘口に直しすぎてますよね。

伊達政宗・蒲生氏郷と最上義光、それと秀次の蜜月関係は、「独眼竜政宗」ではすごく上手く説明してたと思うんですけど…。どうでもいいラブシーンを長々とやってるより、そこらへん押さえてくれんかな、って感じです。
遊人庵庵主
URL
2009/08/24 22:31
遊人庵庵主様
>たしか、この一説は毘沙門堂の壁に描いてある、みたいな話じゃなかったですかね。
おぉ!そうでしたね ̄▽ ̄b

基本的にこのドラマを見てると
上杉家と直江兼続をかなり美化しすぎて
その美化にそぐわないものは削ってきてますね。

正しく甘口です ̄▽ ̄


>伊達政宗・蒲生氏郷と最上義光、それと秀次の蜜月関係は、「独眼竜政宗」ではすごく上手く説明してたと思うんですけど
そうなんですよねぇ。
これらの人間模様とかしっかり描いてたんですが
作品が変わればこんな風に仕上がってしまうって
事なんでしょうね。

今回は今までの中で
内容的にあまり変化がなくて
出来栄えとしては一番ヒドかったですかね ̄▽ ̄ゞ
ikasama4
2009/08/25 00:47
昔、子どもの頃、大河ドラマといえば、
日本史の勉強になると思ってました。
でも、今年の大河は何の役にも立ちそうにありません。

こちらの記事を拝見した方が、
「へーそうなんだ〜」と感心しまくりです。

今年の大河じゃ、
何にも伝わってくるモノがないんですよね。
すばる
2009/08/26 01:11
すばる様
>昔、子どもの頃、大河ドラマといえば、
>日本史の勉強になると思ってました。
私もその一人です。

>でも、今年の大河は何の役にも立ちそうにありません。
これまた、全くもって同感です。

今年の大河はこれでもかというくらい
「家族」と「情」を強調してもうて

史実が破綻してもうてますからね。

そんなに兼続を美化したいのであれば
別のとこでやって欲しいものです。
ikasama4
2009/08/26 07:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天地人 第34話 「さらば、越後」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる