渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 天地人 第27話 「与六と与七」

<<   作成日時 : 2009/07/05 21:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 6

今回の漢字はこれ



今回のあらすじ


兼続パパに娘が生まれました。


物や官位で弟を釣られた大国実頼ですが
兼続はそんなものでは釣られませんでした。

そんな兄の姿に弟は感動して
兄離れして京に留まり自分なりに頑張る事にしました。


兼続の妻がご懐妊しました。





まぁこんなとこでしょうか。







今回の実頼の話は結構良かったですね。

普段から舅・姑・妻に責められてばかりの小国実頼は京で秀吉のオダテに逆らえず

というか、いつも兄・兼続と比べられて手柄を立てる事に焦って

従五位下の官位と大国の姓をもらってしまった。


しかし、それは上杉家臣が物や官位で買収されてしまうという事

そして、実頼の取った行動は
誰を主としているのかを壊してしまいますからね。

他ならないと怒り心頭の兼続は京で秀吉に直談判するんですが
結局、もらうものはもらうんですねぇ ̄▽ ̄

まぁ言うべき事は言う
それが大人の対応って事なんでしょうか。


たとえ相手が誰であろうとも信念を貫く

そんな兄・兼続の姿に実頼は
兄に対する憧れから嫉妬、そして兄に勝ちたいという思いに向かっていき

一方で兄の名に依存していたとこもある実頼は
兄から離れて、一人の人間として自分の力をやっていきたいと考えた


そんな弟を見て兼続は
自分も弟離れしなければならないと考えた


という事でしょうか。


まぁ傍から見れば


兼続と実頼
どちらもまだまだ未熟



という事なんでしょうね ̄▽ ̄


後、実頼は舅・姑・妻から開放されるために
京で暮らす事を選んだ気もしますけど(; ̄∀ ̄)ゞ



何にしても「能書・連歌の上手」と評された実頼ですから
武辺者ばかりの越後の暮らしよりも京での暮らしの方が楽しかった気はします。



しかし、この話のためだけに
突然沸いて出てきたかのような舅・姑・妻です ̄▽ ̄ゞ



さて、深田さんの茶々

穏やかそうに見えて結構気が強い雰囲気

まず、今回の内容を見た限りではイイ感じです≧∇≦b






再来年の大河も茶々は深田さんでいいんじゃないでしょうか(爆)




ちなみに今週の土曜日から
NHKで「刑事の現場2 リミット」が始まります。

かなり男臭い骨太なドラマになりそうです。
骨太を求めてる方はこっちを見た方がいいかもしれません。

でもって、このドラマでは
リミット−限界を追求していくそうです。

自分もこの大河ドラマをいつまで見続けられるのか
まもなく、その限界が試されているのかもしれません(; ̄∀ ̄)ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天地人 第27回「与六と与七」
今回はなんとなく考えさせられるテーマでした。兼続のいつも近くにいるからこそ、兼続の大きな存在の中に埋もれてしまって自分を出すことができない実頼は、ずっと思い悩んでいたのでしょう。奥方である小国家の娘とその父母のプレッシャーぶりもものすごいものがあります。ここまでいうとやり過ぎ感があるような気さえしてきます。特に奥方のしゃべり方、あんな奥さんがいたらストレスが溜まってしまうに違いありません。よく耐えました。 ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/07/05 21:32
天地人 第27話「与六と与七」
 今週も、まあ、なかなか。ここんとこだいぶ平均点が上がってきてるかんじですね。  話のほうは相変わらずで、大河ドラマに必須の戦の場面や、天下の情勢の説明などを何が何でも無視し、夫婦や家族や兄弟ものに強引にフォーマットしてます。なんか、文句言うのも疲れてそういうのに折れつつある自分。なんでも頑固に続けられると強いもんですね。  ここ何回かドラマの質が上がっているのは、やはり笹野秀吉の存在が大きいでしょう。全体がマンガみたいなドラマのなかで、最もマンガみたいで実は意外とマンガじゃないという、屈折した... ...続きを見る
遊人庵大河塾
2009/07/05 23:24
【天地人】第二十七回
妬んでおるのか。私が兄上を差し置いて官位をいただいたことをわしはもう、与七ではござらぬ!源氏の流れを汲むらしい小国家に婿養子に入った与七実頼は、妻や義父母に出世をせっつかれて焦っていた。景勝の名代で京へ上った実頼は秀吉から新しい姓「大国」と官位を賜った... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2009/07/05 23:40
天地人27 今回もまた史実新発田の乱5秒で瞬殺終了!
またまた今回も「愛」と「義」の啓蒙ドラマですか。 愛の解釈も義も説明も何度聞いてもほとんど理解できないこんなワタスでごめんなさい。 しかし最近は啓蒙と云うより開き直ってるようにも感じるのですが。 ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2009/07/05 23:42
大河ドラマ「天地人」第27話
第27回「与六と与七」 ...続きを見る
またり、すばるくん。
2009/07/05 23:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>結局、もらうものはもらうんですねぇ ̄▽ ̄

ですよね〜^^;
私もそう思いましたよ〜。
殿も貰えば問題ないって事でしょうかね。

確かに、実頼はあの嫁からは逃げたいでしょう^^;
小沢真珠さん怖いす。。。
あの人に淀殿をやらせたら、また別の面白い演出も出来そうですが^^;
くう
URL
2009/07/05 23:43
くう様
史実ではもらってますからねぇ。

この辺の流れに関しては
ナンダカンダ言ってもらうものはもらうみたいな
ちょっとヤな感じのキャラに仕上がってるみたいな
とこですね。

>小沢真珠さん怖いす。。。
>あの人に淀殿をやらせたら、また別の面白い演出も出来そうですが^^;
そうなると完全にサスペンスですね。
彼女によって秀吉が毒殺されても不思議ではありません(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009/07/06 00:28
>たとえ相手が誰であろうとも信念を貫く

…といってもあんなに正面から、直球でストレート投げたらバカですよね。うしろでオロオロ困惑している与七っちゃんのほうが正常に見えたりして。
案外、与七っちゃんが京都単身赴任を志願したのは、「こんなお兄さんの影響をうけたくない」と思ったからだったりして(笑)。
まあ、あの鬼嫁と切れたいというのが本心だと思いますけど! なんにせよ越後と距離を起きたいのがミエミエで、「それもわかる…」と納得できちゃうので。今週の与七の話は妙な説得力があってよかったと思います。

あと、月代あんがい似合いますね。なにより、茶髪でなくなるのは良い(笑)。
遊人庵庵主
URL
2009/07/06 22:32
遊人庵庵主様
武闘派の多い越後にあって
和歌に優れていた実頼は京の人達と交流もし易く
京と越後の橋渡しをするのにうってつけの人材だった訳ですが
京の方々、特に貴族の方々は官位がなければ人を人として
認めてくれなかった時代でもあるので

そのために実頼には官位を得る必要があったという
思惑があったんじゃないかと思ったりもするんですが

なんか、キレイなホームドラマに
まとまってしまいました(; ̄∀ ̄)ゞ

実頼の葛藤はよく描かれてた分
主人公であるはずの兼続の描き方が
ちょっと雑に見えてしまいます。


月代はいい感じでした。
>茶髪でなくなるのは良い(笑)。
そうですねぇ ̄▽ ̄
ikasama4
2009/07/06 23:06
〔史実〕
弟の小国実頼は官位を貰っていません。
貰った人は景勝と兼続主従だけです。
 理由も、新発田の乱(内乱)の平定の功績の為です。
豊臣姓を貰ったのは、兼続と他家臣二人の計三名です。豊臣家に取り込み、政権を確固たるものにする秀吉の知恵だと思います。
上杉家は豊臣家下での関東及び、日本平定が目的です。
平定は、謙信公以来の悲願ですし、上杉家は天下を取る野心は無い家柄ですから、史実の兼続は文句など言わなかったはず。
※「直江兼続 米沢」で検索してみて下さい。
米沢市上杉記念館などの史料案内が、たくさん見れて真実の歴史が分かります。

 長文を失礼いたしました。それでは失礼いたしました。
(しかし、公共放送が、官位を受けた人の歴史の捏造を、してもよいのでしょうか?)
越後人
2009/07/07 17:11
越後人様
ご指摘どうもありがとうございます。
ただ、Wikipediaや私がよく参考にしてる
「風雲戦国史−戦国武将の家紋」では但馬守と書いてあったので
よければ、ソース元を教えて下さい。
自分、「直江兼続 米沢」では探せたなかったもので(; ̄∀ ̄)ゞ

ともあれ実頼が先に官位をもらったように描かれてましたが
色々と見る限りでは景勝・兼続が先に上洛した折に
官位をもらい、その後で実頼が官位をもらったような
感じなので、どちらにしてもこれは捏造の部類です。

色々とお話、ありがとうございます。
今後も何かいたらない点がありましたら
ご教授して頂ければと存じます ̄▽ ̄
ikasama4
2009/07/07 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天地人 第27話 「与六と与七」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる