渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年第2クール ドラマ 雑感

<<   作成日時 : 2009/06/29 07:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 7 / コメント 10

さて、まだ終わってないドラマもありますが
もういいでしょうって事で(; ̄∀ ̄)ゞ
恒例の雑感でございます。


とりあえず今期最後までレビューしたドラマは次の通り


白い春
アイシテル−海容−
BOSS
臨場
ザ・クイズショウ
ぼくの妹



白い春

今期の中では一番イイ作品です。

主演の阿部さんはさる事ながら、大橋のぞみさん、遠藤憲一さんらが
時々笑わせてくれながらも見せるトコロはしっかりと見せてくれますし

阿部さんの如何にも不審者って感じの佇まい

そこで大橋さんが加わると
少女と野獣みたいな感じでこのアンバランス感が面白かったです。

そして阿部さんの泣きの演技
遠藤さんのとっても子煩悩なパパぶり

二人にあるのは愛する人への一途な思い。

これが実にハマってました。


相手に気付かれなくても思い続ける心の強さという感じの
脚本が一貫してブレてないのもいいし

主題歌とBGMがこの作品にスゴクハマってましたし
予告の見せ方も見せすぎじゃないの?と思わせといて
肝心の部分は見せず、作品の中でオドロキを与えてくれました。

物語を中心に見ても面白いし
役者さんを中心に見ても面白いし
とてもいい作品でした≧∇≦b

※イラスト描き直しました








アイシテル−海容−

子供が関わった事件が起きた時に

被害者側に起きる出来事
加害者側に起きる出来事

そして事件に区切りがついた後
それぞれの家族がどのようにして「これから」を歩んでいくのか。

そうした登場人物の心情を丁寧に描いていました。

また、これらの役を演じる方々
自分の中では特に板谷さんが良かったです。

全体的に役柄というよりも
役を通じて発する言葉がとても印象に残りました。

この作品の場合、物語を見るという感じですね。

それからメッセージ性が強いために

こうあるべきみたいな主張がそのまま
登場人物の「これから」に沿った形になっていたような感じです。

その点では、役者さんの個性が強く出てるというものではないです。






BOSS

今回脚本を担当した林宏司さんは
「医龍」「医龍2」「ハゲタカ」「コード・ブルー」と
シリアスなドラマが続いていたところで

この作品で「離婚弁護士」メンバーも揃ったとこで
コメディ路線を爆発させたって感じがします ̄▽ ̄

序盤はシリアスに入った場合には最後はキッチリ笑いでオトす

で、そのシリアスな部分も途中がちょっと抜けた感じで進行した時には
「この後、何かあります」フラグが立ちますからね。

この作品はこのセオリーを忠実に守っていました。

というか、最終回でもその姿勢を貫くとは(; ̄∀ ̄)ゞ

物語としても色んなキャラがそれぞれの持ち味を生かして
ワイワイガヤガヤやってくれて
最後はきっちり主人公のBOSSが締めてくれますからね。

多少、強引な設定でも
全部、BOSSがまとめてくれるから
結構安心して見れます ̄▽ ̄b

正しく娯楽作品でした≧∇≦b






臨場

遺体の声なき声を拾い上げる

遺体の遺族や遺体の知人
そして遺体が生前どんな事をやっていたとしても、その姿勢を貫いていく。

この主人公・倉石が自分の感情を見せず
黙々と仕事をこなしていく訳ですが、回を重ねていく中で
倉石自身の秘めた思いが徐々に見えていく姿が実にいいです。

内野さんは内に秘めた思いを見せないように振舞う役柄が十八番ですからね。

また、遺体の声なき声を拾い上げるところは
自分の推論だけでなく、それを実証させる証拠を
キチンと見つけてるところが今まで見立て違いをした事がないという
倉石という人物に説得力を持たせています。


ただ、後で知りましたが
この作品は原作があって、そこで出てくる登場人物は色々といて
ドラマではその色々な人物の設定を一人のレギュラー人物に当てはめてるみたいだそうで
そのために時折、そのレギュラーのキャラ設定が微妙にブレて見えてしまうのが
ちょっと残念に思えるところです。






ザ・クイズショウ

これは原作というか深夜にあったドラマをベースにした作品で
それなので、やはり個人的に楽しいドラマでした。

クイズ番組を舞台にしたドラマ
ですが、そこで繰り広げられるのは
「司会者」と「回答者」の人間ドラマ


夢を得ようともがく者
それを審判する者

この構図がいつしか

裁く者 裁かれる者

に置き換わっている展開もさることながら

全ての話を見る事で第一話からの一連の流れが
繋がってくるというのが面白いところです。

それにいい意味で色々と裏切ってくれる演出も入れてましたし。

それと中盤以降の櫻井さんと終盤での横山さんの熱演が光りました。

ただ、深夜版は30分だったのでクイズ番組をメインにして
物語がスムーズに進行していったような感じなんですが

この作品は60分という事で
序盤はちょっと時間があまりもたついてたかなという印象も感じられました。

というか、七問+1問のクイズ番組を
実際に60分もたせるのは結構大変な事かもしれませんね(; ̄∀ ̄)ゞ

他の出演者についてはこの作品の場合

神山VSゲスト
神山VS本間

そこに案内人が加わってくる
これだけで正直、十分って感じでした。

なので、舞台裏のスタッフとかの存在がねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ


後はアヤヤの存在が(以下略)






ぼくの妹

兄と妹
二人の絆を描く物語

という事なんですけど
序盤に九鬼とか里子を絡めたサスペンス風な事件を入れた事で
そっちの方がメインになって途中まで兄と妹との絆が
とってつけになってしまったって感じで

ドラマがどこに向かいたいのか

迷走してしまっていた印象があります。

途中なんか、このドラマの主人公は九鬼ですか(゚Д゚)?って
思ったりして(; ̄∀ ̄)ゞ

それからCMとか予告で
ちょっと見せすぎなとこも、ちょっとガッカリでした。

兄と妹、それぞれの心理描写を
結構丁寧に描いていて、それぞれの魅力を
見せてくれていただけに
最終回までの迷走ぶりが実にもったいないです。



















さて、他のドラマについては


・役者よりも脇の方々の方が目立ったり

・ドラマのオープニングと物語のイメージが違ったり

・ドラマの設定と古めかしい演出があってなかったり

・不幸の詰め合わせのバーゲンセールのような物語だったり

・役者さんの技量に任せて脚本は手を抜いてグダグダだったり


どのドラマがそうだったとは敢えて言いませんが(; ̄∀ ̄)ゞ




今期は全体的に
罪を犯した者に対して「これから」をどう生きるべきか

親と子、血は繋がっていない人達との「絆」の強さとか



そういったものが、多かった印象があります。




次期クールは既に始まっているドラマもありますが
ひとつでもいいので面白い作品に出会えたらいいです ̄▽ ̄ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2009年春ドラマ総括感想
2009年の春のドラマも終わりましたね。 ...続きを見る
Simple*Life ドラマ感
2009/06/29 18:07
【平成21年度 春期ドラマ総評】
毎度お馴染み、ちょ〜独断と偏見の4月期クールドラマ総評です。本日の「婚カツ!」をもって、4月クールのドラマが終了しました。今期は、どれも面白かったですね〜。時間を返せとか思ったドラマは1本もないです。逆に、飛び抜けて素晴らしく殿堂入りと言うほどの名作も... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2009/06/29 22:09
2009年春ドラマ総評
冬ドラマと同じく、選択した2本のレビューは(水)(土)でしたわ。週のバランスとしては良かったですが(^_^;)『MR.BRAIN』の8時台はキツイし、『アイシテル』はオモイし。。。------------------------------------------------------『白い春』 最終回視聴率 15.1% やっぱ ...続きを見る
美容師は見た…
2009/07/02 00:15
「2009年春ドラマ総括」
充実してましたねー。まだ多少残ってますけど、7月になって新ドラマも始まっちゃうからもうまとめておきます。いわゆる若者のための”恋愛ドラマ”が全くなかった今季、それでもラブがメインだったのが「婚カツ!」「僕の妹」どちらも迷走? 私はリタイヤしちゃいました... ...続きを見る
ドラマでポン!
2009/07/02 08:31
春ドラマ総評と視聴率一覧(7/1迄)
春ドラマ総評と視聴率一覧(7/1迄)平均視聴率の高い順 (青:最高視聴率、赤:最低視聴率)局時タイトル123456789101112平均最終回TBS土20MR.BRAIN24.822.016.321.018.518.9------20.76%7/11CX木22BOSS18.115.115.215.818.015.817.217.116.917.420.7-17.14%終了NTV水22... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2009/07/02 18:50
2009春クールドラマ評 其の壱
開始前にはこんな気持ちでいたというのに、終わってみればあららのら〜(笑) ...続きを見る
あるがまま・・・
2009/07/03 10:31
医龍 主題歌
ユチョン日本ドラマデビュー&初主演、ヒロインに大政絢、主 ... ... さらに、この記念すべきドラマのために書き下ろしの主題歌「君がいれば〜Beautiful Love〜」(5月26日発売シングル「XIAH」に収録 )を ... 東康之(「ライアーゲーム」「ヴォイス〜命なき者の声〜」「医龍-Team Medical」 ) プロデューサー:冨久尾俊之(BeeTV ...(続きを読む) 2009年7月クール視聴率予想(その10)【ドラマ】 ... 佐藤祐市(「シバトラ」)、水田成英(「医龍」)、大... ...続きを見る
医龍 坂口憲二 最新情報
2010/09/11 18:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
・不幸の詰め合わせだけはわかりました。笑。
あとはわかんない。。。
臨場はなんだかやたら検死官と刑事がギスギスしてるのが
気になりました。
なんでそんなに怒ってんの?って毎回疑問だったわ。
今期は白い春とアイシテルにやられました。
BOSSも面白くてエンターテイメントとしてすごく
楽しめたけど、自分の中で思っていたドラマの内容と
違ってたので、最後までそれが尾を引いちゃった感じでしたね。
シリアスでおしゃれな感じだと勝手に思い込んでた。笑。
でもあれはあれでめっちゃ面白かった
さすが天海ねーさんですわ。
白い春は本当に阿部ちゃんとポニョにやられた
そして強面でいつもなら逆のポジションでもおかしくない
エンケンさんがすごくよかったですねぇ。
毎回切なくなって泣けるなんて・・・いいドラマでした。
正直ノーマークだったんですよね。
アイシテルは暗いとわかっていながらも
みずにはいられないドラマでした。
親としてすごく考えさせられるというか・・・
この3本が抜きんでていましたね。
みのむし
2009/06/29 18:05
みのむし様
簡単に説明すると
>・役者よりも脇の方々の方が目立ったり
T○Sの日9の某ドラマ・フ○の月9の某ドラマ
>・ドラマのオープニングと物語のイメージが違ったり
T○Sの日9の某ドラマ・フ○の月9の某ドラマ
・ドラマの設定と古めかしい演出があってなかったり
テ○朝の木9の某ドラマ
・不幸の詰め合わせのバーゲンセールのような物語だったり
T○Sの金10の某ドラマ
・役者さんの技量に任せて脚本は手を抜いてグダグダだったり
T○Sの土8の某ドラマ

こんな感じです(; ̄∀ ̄)ゞ

>この3本が抜きんでていましたね。
たしかにそうですね。

とにかく笑えるドラマ
感動するドラマ
考えさせられるドラマ

それぞれの持ち味を生かしたこの三つの作品で
思いっきり楽しませてもらいました ̄▽ ̄
ikasama4
2009/06/29 19:35
今期は全体的にそう詰まらない物はなく、
特に素晴らしすぎる物も無かった。。。かなぁ。
平均的には高いけれども特出はない、と言うのが私の印象です。
まぁ、毎日楽しかったからいいかなぁ。。。と思いました^^

「アイシテル」を見れなかったのは、とっても痛いです。。。
でも、スリーシアターは捨てられず。。。
私は来期も水曜のドラマは見ないと思います^^;

ikasama先生は主人公の割を評価に入れていらっしゃいますが、
最近、主役を立たせようと必死の台本が見苦しいドラマも
多くて。。。現在は土8にそれが鼻についてきました(^^;ゞ
主役を立たせるために脇が完全に死んでしまうのは
何だかなぁ。。。ですね。
特に某事務所の主役ドラマにそれが多いので、
来期はちょっと危惧しております。

「BOSS」はその点では主役は輝き脇役も生きると言う
上手いバランスを保っていたと思いました。
くう
URL
2009/06/29 23:02
くう様
私の中で、今期は
「白い春」「BOSS」「アイシテル」
この三つが掘り出し物でした≧∇≦b

来期の水曜ドラマは
小林聡美さんが出るので多分こっちを優先します
(; ̄∀ ̄)ゞ

>最近、主役を立たせようと必死の台本が見苦しいドラマも
>多くて。。。
その傾向がとても強いのはTBSですね。
そのために脇役の方々をこれでもかと
無駄遣いしますからねぇ。

>特に某事務所の主役ドラマにそれが多いので、
>来期はちょっと危惧しております。
土9についてはそれは大丈夫だと思います ̄ー ̄b

たしかにBOSSはバランスがヨカッタですね。

フジと日テレは役者のバランスを保つ作品が多いですからね。

こういうところはTBSに見習って欲しいです(; ̄∀ ̄)
ikasama4
2009/06/30 15:36
ikasama4様、こんばんは。

ココログでは大トラブル発生中。
コメント訪問で画伯にご迷惑をおかけしていないか心配です。

なにしろ・・・ユーザーが入室できない状態ですのでーっ。
ネット間借り人の悲哀です。

それはさておき、春ドラマレビュー、お疲れサマンサタバサでございます。

「アイシテル〜海容〜」「白い春」「臨場」「BOSS」(五十音順)
は春ドラマの白歴史に残りましたな。

キッドの中では「スマイル」が黒歴史。
「ぼくの妹」が灰色歴史です。

いくつか・・・時間の都合で触れられなかったドラマもあり
「全て」ということがいかに困難かということを今回も痛感しました。

東京ローカルでは「湯けむりスナイパー」の大野未来に
異常な検索数が入ったことを報告しておきます。

だからキッド的には大野未来に新人女優賞を贈りたい気分です。

・・・かわいい感じですしーっ。

そう考えるとエンケン・・・今期はかわいいヒロインに恵まれました。

キッド
2009/06/30 19:00
キッド様
こんばんはです。
只今、その大トラブルに巻き込まれたところです。

「アイシテル」「白い春」「臨場」「BOSS」
この4作品は最後まで見事でした。

ちなみに自分の中では
「スマイル」「婚カツ」「夜光の階段」が
黒歴史でございます。

もう全部触れるのは難しいですね。

大野未来さん、先程見てきました。
たしかに可愛いです(〃▽〃)

ちなみに個人的にドラマではありませんが
映画「ハイキックガール」で主演を演じた
武田梨奈さんにすっかりヤラれました。

一度ハイキックを食らってみたいです(爆)
ikasama4
2009/06/30 19:42
ぅわ〜(汗)

>・役者さんの技量に任せて脚本は手を抜いてグダグダだったり
>T○Sの土8の某ドラマ
言葉もありません…

今期もお疲れ様でした。
夏ドラマは珍しくちょっと楽しみに
してるものがあります。
でも期待しすぎるとといいことないですからね。
軽い気持ち見たいと思ってます♪
またおつき合い下さいませ。
mana
URL
2009/07/02 00:21
mana様
個人的に今期はTBSがとてもイマイチでした
こちらこそ御疲れ様でした。

たしかに期待が過ぎると
ショックを受けた時の反動もデカイですからね。

こちらこそよろしくお願い致します。
ikasama4
2009/07/02 19:12
あたしも春クールでの一番のお気に入りは、
やっぱ白い春ですわ〜
今思えば、白い春という物悲しいタイトルや、
初回にしてさちには春男の背中の羽根が見えてた等、
最初からあのラストに向けて物語が始まってたんでしょうねぇ
画伯の感想にイチイチ頷くばかりですわー。
特にあの予告の見せ方は斬新でした!
毎回いい意味で裏切ってくれやがりましたヨ(笑)。
あとは痛快な気分にさせてくれたBOSSと
静かにじわ〜っと沁み込む作風の臨場が
印象的なクールでしたわー。
そしてザ・クイズショウの謎解きも、まんまと
ミスリードされつつも、毎回あーだこーだと
想像するのが楽しかったデス♪
春クールでは竹しゃまイラストのおかげで
ごっこ遊びで目一杯はぅ〜んな気分に
ありがとうございました。
そしてお疲れサマンサタ〜バサ
まこ
URL
2009/07/03 11:08
まこ様
今期の中では「白い春」が一番ヨカッタです。
そうですねぇ。あの背中の羽が全てを物語っていたと
言っても過言ではないようですね。

そうそう、あの予告と主題歌がまた
切なくさせてくれました。

BOSSはとにかく
キャラが際立ってて面白かったです≧∇≦b

臨場はたしかに淡々としながらも
しみこんでいく感じがホントよかったですね。

今期は大分数が絞られましたが
こちらもイラストで楽しんでもらえて
何よりでございます。

こちらこそ御疲れサマンサ・タバタ( ̄ー ̄)/~~
ikasama4
2009/07/04 02:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009年第2クール ドラマ 雑感 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる