渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 天地人 第21話 「三成の涙」

<<   作成日時 : 2009/05/24 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 12

今週の習字




・・・・・(゚Д゚)

なんとなく漢字にしてみた。




直江兼続はすぐ感情を露にして場の雰囲気を壊すKYな男

石田三成は思ったことをクチにする正直すぎる男


で、人は自分にないものに惹かれるもの

という事で二人は友達になりましたとさ


ハイハイ( ̄▽ ̄)






まずはこれ、やっときます。
天地人 「新発田重家との戦い その3」を勝手に妄想


ドラマ化して欲しい戦国武将 「宇喜多直家」






なんかねぇ。


民を思う兼続の良さをアピールする回っていうのは分かりますが
それだったらもう少し前の回からちょっとずつそういう部分を描いて欲しかったですね。

これだと今回のために作りましたって感じがしてしまいますので。


後、秀吉の妻・ねねからもらったおにぎりで一度きり涙したってとこを
今回の兼続にもそれをやってみました&盛り上げてみましたみたいな演出

あまり好きになれんでした(; ̄∀ ̄)ゞ


それと、上田衆の面々が兼続の側近ですか?っていうくらいやってきますが
彼らは立派な城主なんだから自分の仕事をやってて欲しいもんです。




ちなみに気になったのは三成は自分の事を「俺」って
言ってましたが、この時代の武士って自分の事を「俺」って
言ってたのかどうかと

握手ですね。

たしか幕末で「shake hand」とか言う西洋式の挨拶じゃなかったっけと
思ったりしたんですけど。


とりあえず、そういうとこが気になりました。




とりあえず、石田三成に関しては
融通がきかなくてクチが悪いってイメージがあるようにも見えますが

思ったことを何でもクチにするっていう事なんでしょうね。

とにかく謹厳実直(慎み深く真面目で正直である)な人物ってことなんでしょうね。

なので、不真面目で慎みがない人物や嘘つきを嫌う傾向があるんでしょうね。



そういうとこで言うと
伊達政宗とかはすっごい嫌ってたんでしょうね ̄▽ ̄



ちなみに以前、この石田三成に関して
大河ドラマで彼を演じた方々をイラストにした事がありましたので
こちらでちょっと紹介をば。


1983年大河ドラマ「徳川家康」より


演じてるのは加賀丈史さん
この当時、33歳








1987年大河ドラマ「独眼竜政宗」より


演じてるのは奥田瑛二さん
この当時、37歳








1996年大河ドラマ「秀吉」より


演じてるのは真田広之さん
この当時38歳








2000年大河ドラマ「葵徳川三代」より


演じてるのは江守徹さん
この当時、56歳








これ以外に石田三成を演じた方を見ると
近藤正臣さんや宅麻伸さん、石坂浩二さん等々
全体的に石田三成はカッコいい人物とか文官って感じのイメージが大きいみたいですね。



とりあえず自分の中で
江守さんが演じる前までの石田三成のイメージというのは
どこか胡散臭いというか陰険というか変に頭がよくて
それでいて小賢しい感じがしたんですよね。

そういうのがドラマの三成にも随所に描かれていて。



でも、それが江守さんの演じる石田三成を見た時
最初は違和感もあったんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ

三成ってすごく真面目な方だったんだって
そのキャラがスゴイ納得がいった記憶があります。



それ以来、三成を演じる方を見ると
三成=「誠実」ってイメージがあります。



今回の三成では周囲から見える三成と三成の本質の両方を描く感じではあるようですが
果たしてきっちりと描ききれるのか、ちょっと不安要素の方が大きいですかね。




それから直江兼続と石田三成は無二の親友って御話でしたが
三成にはもう一人、親友という存在の方がいたみたいですね。



弘前藩の初代藩主・津軽為信。


青森の方と京にいる石田三成にどういう接点があったかというと
津軽為信は南部家家臣でしたが突如兵を挙げ、津軽地方を平定するや
秀吉に自分が独立した当主である事を認めてもらうために小田原征伐の際に
参陣したそうです。

当然、主家である南部家では為信を謀反人だとして秀吉に訴えたのですが
この時、為信は石田三成を介して釈明が認められ津軽の領土を安堵されたそうです。

それ以降、津軽為信と石田三成との関係は続いていて
為信の長男・信建が元服した時の烏帽子親は石田三成で
その信建は豊臣秀頼の小姓となったそうです。


ちなみに津軽為信は優れた民政家であると共に
アゴ髭が長くて「髭殿」と呼ばれていたそうです。
どうも三国志の関羽に憧れていたらしいんですけどね。



その津軽為信は関ヶ原の戦いでは東軍でしたが
長男・信建は西軍として参戦したそうで。


で、信建は石田三成の次男・重成と三成の娘など
三成の縁者を津軽領へ逃がしたそうです。

その後、重成は「杉山源吾」と名乗り
杉山家は弘前藩の重臣として続いていったそうで。


そして、津軽に逃れた石田三成の娘は
弘前藩二代目の藩主である津軽為信の三男・信枚の妻となり、彼女の生んだ子が
三代目の藩主・信義だそうです。

ちなみに信義は25男26女をもうけたそうです
一説には男女合わせて38人とも言われてますが
どちらにしてもスゴイ数です(; ̄∀ ̄)ゞ

その後、その娘達は他藩に嫁いだり
息子達も家臣となったりしてるしてるようで
そうして石田三成の血脈は続いていったみたいです。



人の縁というのは実に面白いものです ̄▽ ̄


さて、次回は真田幸村が登場ですか。


とりあえずイメージに合うかどうかは見てからですね(; ̄∀ ̄)ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天地人 第21話「三成の涙」
 今週は、ものすごく45分が長く感じました…。前回もいいましたけど、2話もかけて描くような内容じゃないですよね、これ。2話分あわせて40分、いや、半分の20分もいらん。むしろ、よくこんな内容で40分も潰せるもんだなと、別な感心したりして。 …というわけで今週は、前回、落水の会見で「アホにみえる」と三成に真実を言われた兼たんが、何ィ!と逆上した夜から、次の夜に和解してオニギリを分け合って三成がホロッと涙を流すまで、一昼夜のできごととなりますが、うーんうーん、なんか、しょーもない。まことにもって、腰... ...続きを見る
遊人庵大河塾
2009/05/24 22:51
【天地人】第二十一回
貴殿は出しゃばりすぎじゃ。と言われた兼続は、石田三成に食ってかかった。それを取りなす秀吉。すまんのう。あやつも悪いヤツではないのだが、人を怒らせる事がままあっての。幼き頃から寺に預けられ、1人修行を積んで過ごしておった。三成も兼続と同じく、幼い頃から寺... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2009/05/24 23:25
大河ドラマ:天地人 第21回「三成の涙」
今回の内容:「兼続と三成がお友達になりました。おわり」初めて兼続がまともに見えました(笑) ← 笑い事ではない前回からコメディ路線に移行しましたが、三成の人物像が固まっていたので、結果的に兼続の人間性が浮き彫りになり、物語としての方向性も定まりましたね。... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2009/05/25 00:18
天地人 第21回「三成の涙」
前回の前振り通り、今後上杉家にとって、そして兼続にとって大切な存在となる石田三成が登場することになります。というか今回はまるまる石田三成デーでしたね。小栗旬ファンにと... ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/05/25 00:19
★「天地人#21」コント満載♪
三成に好き放題言われてむかつく兼続。。大河ドラマ「天地人」公式ページ秀吉のナイスフォローが入ります。。幼い三成がおにぎりで涙した話に兼続ほろり。。でもぉ。。だからって。。三成にまん丸おにぎり持って行く兼続。。泣いたのはあの時一回限りだ フンッ。。とあい... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2009/05/25 18:58
天地人・第21話
かねたんのいちにち (ブレインナビブックス)おかの あき文苑堂このアイテムの詳細を見る 皆さんもそうなんじゃないかと思うんですが、民放ドラマの方が全然面白かったりして、日曜のこの時間帯は「腑抜け状態に」なっているのではないかと・・・? でも先週ラブのヤツがヘンチクリンな髪型の石田くんに(みな腹では思っていても、なかなか口には出せない)「本当のこと」を代表して言ってくれたことには少しだけ「スカッ」としましたね(少しだけだけど) ...続きを見る
ブルー・カフェ
2009/05/25 19:17
友情物語の始まりですね!!
明日の命おも分からな戦国の世でトレンディードラマ ばりの愛と友情の羅列に少しうんざりし始めている僕 なのです{/kuri_5/} ドラマなので多少は現代風にするのは仕方ない事だと 思いますが、全編に渡って愛や友情で埋め尽くすのも どうかと思うのですが{/cat_7/} ...続きを見る
函館 Glass Life
2009/05/26 10:49
天地人 第21話 三成の涙
落水城で会見する、秀吉と景勝。 一瞬、ひやりとする場面もありましたが、景勝は上洛する事になりました。 宴がもよおされますが、三成の物言いに兼続は…。 ...続きを見る
cogito,ergo sum
2009/05/28 20:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう。握手は気になりましたね〜。
伝わったのは多分、もう明治に近い方なんじゃないかと
思ったりしたわけですが。。。
坂本龍馬あたりはやってたかも知れませんね〜。
「俺」も気になりました。

気になりポイントが一緒だ〜(・_・)/\(・_・)ナカマ!

真田は。。。
合っていようが合っていまいが、もうどうでもいいです。。。
だって、これって多分、そういう大河だから。。。
ただ城田くんの登場を楽しもうっと(^^;ゞ
くう
URL
2009/05/24 23:33
くう様
「握手」といい「俺」といい

>気になりポイントが一緒だ〜(・_・)/\(・_・)ナカマ!
やったぁ(・∀・)人(・∀・)ヤッホー!

そういうとこばかり見てしまうって
なんかガッカリですね。

>合っていようが合っていまいが、もうどうでもいいです。。。
>だって、これって多分、そういう大河だから。。。
>ただ城田くんの登場を楽しもうっと(^^;ゞ
いいなぁ。
そういう風に見れるって。

とりあえず自分の場合は
楽しめるかどうかは次回を見てからですね(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009/05/25 00:53
ikasama4さん、こんばんは。
なんかねぇ・・・またTBが飛ばないんですよ(ため息)お手数ですが
また引っ掛かっていないか、ちょいと見ていただけますか?

>一説には男女合わせて38人とも言われてますが
どちらにしてもスゴイ数です(; ̄∀ ̄)ゞ

本筋よりもセンセイのこういうネタに釣られてしまいますね(笑)

>そうして石田三成の血脈は続いていったみたいです。

ワタシ石田くんの子孫にあったことありますよ・・・家柄を鼻に掛けた裏表のある・・・まあ、あまりカンジのいい青年では無かったですね(笑)
ワタシが「石田!」って呼び捨てにするのが嫌でしょうがなかったみたいです
だってーワタシ的には家柄よりも人柄重視なんですモン☆
なおみ
URL
2009/05/25 19:25
今週は、もう情けなくって流す涙も無いという感じでしたが、こちらの三成ギャラリーに、ほんとに救われた思いです。
ああ!そうだった、小栗旬が真田広之になったんだわねと、昔をしみじみ懐かしく思い出したりして。

本編のダメダメさとは全く無関係に、こちらでは男臭い大河ドラマの番外編!「真田太平記」の名場面を髣髴する、幸村人質会見も、伊達輝宗の惨死もからむ二本松攻めも、盛り込んでくださってカンゲキです!
成実と最上のエピソードも期待してます。…って、本編にはもうそういう期待はなにも抱いてないもんですから…。
遊人庵庵主
URL
2009/05/25 22:50
なおみ様
こんばんはです。
TBの件、引っ掛かってましたので
早速対応させていただきました。

多少の子宝に関してはともかく
これだけ子供が多いと唖然としてしまいます
(; ̄∀ ̄)ゞ

へぇ、石田三成さんの子孫ですかぁ。
いますねぇ。ご先祖の威光で自慢する人。

まぁその人はそれでしか自慢するものが
ないという事で(爆)
ikasama4
2009/05/25 23:05
遊人庵庵主様
なんでしょうねぇ。
この見るべきものがないドラマって(; ̄∀ ̄)

とりあえず以前描いた三成で
気分を落ち着かせてみました(; ̄∀ ̄)ゞ

あの頃はよかったなぁって感じです。

私も「真田太平記」は好きでしたので
ちょっと入れてみました。

妄想は成実と最上が絡んでくる時代の回になるまで
しばらくはお休みして

ドラマ化して欲しい方を色々とピックアップしていく
つもりです ̄▽ ̄
ikasama4
2009/05/25 23:05
こんにちは。
わたしも兼続が手を差し出した瞬間「まさか握手?まさかこの時代にそれはないよね??」と違和感を感じました。
他にも、三成が秀吉のことを「我が殿」と呼ぶこと。
「越後の民」と身内意識発言する兼続を鼻で笑うくせに、今や天下の関白に就任している秀吉を「我が殿」かよ〜〜〜っと。
まあ、いつまでたっても「御館様」と呼んでもらえない景勝も気の毒ですが。
これって、核実験した国で将軍様はあくまでも将軍様であって、父親が就いていた国家主席の座には就けないのと同じなんでしょうかf(^^;

話がそれましたが、兼続が連呼する「友」も、あの時代に友情って概念があったのかな?とか。
以前何かで読んだけど、愛情は明治以降に西洋から入ってきた概念で、それ以前の日本には「情」はあるけど愛情というものはなかったというし、司馬遼太郎によると戦国時代に友情というものはなくて、近いものは「衆道」の仲だったというし・・・。
それに、三成、兼続と親友になってしまって、これじゃ大谷吉継の立場は〜〜???
と・・・。
つっこみどころ満載で、いつしかつっこみドラマに成り下がってました。
rino
2009/05/26 13:35
rino様
こんばんはです。
あの握手に関しては実は惚れ合った光景と
考えている方もいるみたいです(; ̄∀ ̄)ゞ

>他にも、三成が秀吉のことを「我が殿」と呼ぶこと。
そういえばそうですねぇ。
もし呼ぶとすれば「関白殿下」の方がいいのかもしれませんね。

ちなみに上杉家では
本丸を実城と呼んだ事で謙信公を「実城様」と呼んでいたそうで
景勝も「実城様」と呼ばれていたのかもしれません。

まぁ自分もてっきり「御屋形様」だと思ってたんですけど
(; ̄∀ ̄)ゞ

>話がそれましたが、兼続が連呼する「友」も、あの時代に友情って概念があったのかな?とか。
たしかにこれは違和感がありますね。

友というよりは同志という言葉が合うのかもしれませんね。

>それに、三成、兼続と親友になってしまって、これじゃ大谷吉継の立場は〜〜???
ホント、その通りです。

悲しいかな。
毎回ツッコミを入れるのが今年のドラマの定番です(苦笑)
ikasama4
2009/05/27 00:25
本放送は言うまでも無く土曜日の再放送も先ほどチラッと見たのですが、前回と今回の話は1話で充分やれるような内容に感じられました。というかしょうもないエピソードを削れば25〜30分ぐらいに収まるのではないでしょうか?
今回は兼続と三成、お互いに理解を深めるの回のようでしたが、そこに至る過程は見ているこっちが恥ずかしくなるようなもので、もっとましな見せ方はなかったのかと呆れてしまいました。というよりもあんなレベルの低すぎる接待をやっている連中がドラマ現時点での上杉の舵取りをしていると上杉にはまともな人材がいないのかと言いたくもなりました。ikasama4様もおっしゃられているように上田衆の面々はこの時期は城主なりそれなりに重要なポストについているのに全然それっぽく見えず、ほとんど仲良しクラブとしか言いようが無くて何とも・・・・・。というか自分の職務はしっかり果たして欲しいのですが。
MoTo
2009/05/30 16:44
続きです。どうも私が書くと500字の制限をオーバーしてしまいます(苦笑)

rino様がおっしゃられている大谷刑部吉継の立場はどうなるんだというのは、私も見ていて思った事です。秀吉が三成の事を友達もいなかったと述べていて、あたかも兼続が三成が心を許せる初めての友のように描かれていましたが、三成と大谷刑部の友情的エピソードはネット等で知って結構面白いものを感じましたが、本ドラマでは彼のポジションを兼続が代替してしまうように思われてなりません。兼続・三成・吉継のトライアングルは描き方次第で面白いものとなると思うのですが、本作ではそこまでは期待するだけ無駄なのかもしれません・・・・・。
MoTo
2009/05/30 16:45
MoTo様
この作品は見れば見るほど
後悔と失望が浮かんできます(; ̄∀ ̄)ゞ

なんかやたら兼続と三成の仲を
強調させたいかのような演出が目立ちますが
ホントこっぱずかしい限りですね。

結局、現代ドラマの域を超えてないのが
はっきり言えば現代ドラマの域に納めてしまったのがねぇ。

その上で登場する人物を狭く使ってるのも問題ですね。

そんなにNHKって金がないんでしょうか(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009/05/31 01:28
MoTo様
>続きです。どうも私が書くと500字の制限をオーバーしてしまいます(苦笑)
そうなる気持ち、よく分かります(; ̄∀ ̄)ゞ

>rino様がおっしゃられている大谷刑部吉継の立場はどうなるんだというのは、私も見ていて思った事です。
原作を見た限りでもそうだったんですが
大谷刑部吉継は出てきそうにないです。

まぁやたら兼続との仲を強調するから
余計に大谷刑部吉継との仲があるのに?という
違和感が生まれてしまうとこもあるんでしょうね。

これを打開するには
石田三成を主人公にした作品を
つくらんといかんですねぇ ̄▽ ̄
ikasama4
2009/05/31 01:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天地人 第21話 「三成の涙」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる