渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 天地人 第12話 「命がけの使者」

<<   作成日時 : 2009/03/22 22:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 6


景虎は御館に移動し
春日山に通ずる道を塞いでいった。

長期戦=兵糧攻めにするために。

そうして春日山城は兵糧の底が尽きかけていて
これ以上戦は続けられない状態にあった。


更に景虎は実家の北条家に支援し
北条は同盟を結んでいる武田に越後への出兵を促し

それに応じて武田が2万の兵を引き連れ
信濃と越後の国境付近にまで進んでいた。


未曾有の危機


このままでは山を降りて景虎に降伏するか
相手が攻めてくる前にこちらから攻めるしかなかった。


その時、兼続さんは思った。


桑取の里

春日山の背後に位置するその村は
かつて謙信公が春日山を守る要に据えた場所


そこに米を送ってもらうようようお願いしよう。


こうして兼続さんの考えにより
兼続はただ一人、桑取の里に向かう


単身向かった兼続さんを心配する上田衆の面々とお船

そこで桑取の里の主を説得

兼続さんの活躍によって
見事、桑取の里から米を送ってもらう事ができましたとさ。






メデタシメデタシ ̄▽ ̄











まぁこの桑取の里の御話は原作にも出ているんですけどねぇ。

この原作もそうですが、何でしょうかねぇ。

この鬱陶しい程の兼続さんの持ち上げ方。



兼続さんとお船は後に夫婦になる事を見越したような伏線の数々



もう大概にして下さいと。

だったら、早いこと
信綱を死なせてやって下さいと(爆)


それにしても信綱はマゲ姿からソッコーで兜を被ってて
次のシーンでは頭に怪我をして包帯を巻いていながらも
マゲはしっかり結んでました。

流石、直江を継いだデキル男は違いますねぇ(苦笑)



それと、桑取の村から兵糧が届きましたが
村って景勝の兵の兵糧をまかなえる程の備蓄があるんですかい?


でもって、仙桃院は北条高広に
何故、北条に援軍を頼むのかと問いただしていましたが

そりゃ北条高広は
かつて北条家に寝返った事があったんですからねぇ。

こんな風になってしまうのも当然の事でしょうよ(笑)




それから兼続さんは

上杉の武士としての誇り
侍としての誇りを説く事で

桑取の里の方々を説得しましたが

どうも何か弱いような気がします。


そもそも御館の乱は
景勝と景虎の争いでもあるのですが

今まで論功をしなかった謙信が亡くなった事で

再び論功にあり付ける

そういう利権を巡った争いですからねぇ。



それに上杉景勝と武田の同盟に関しては

勝頼の妹・菊姫が景勝の嫁になる事と

多額の謝礼金と
上杉家の領土である東上野を武田に割譲する事で
締結したのですからねぇ。



それを考えるとどうも・・・・・ねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ




後は景虎は北条が加勢する事に
北条が越後を手に入れるハラであろうと言ってましたが

そこまでの意図はなかったかと思います。


物語でも触れていましたが


5月13日頃
景虎より支援の文を受け取った北条家の当主・北条氏政は
同盟を結んでいる武田勝頼に景虎の助勢を要請します。


      ┌────┐
      │    │
  武   北    北
  田   条    条
  勝━━━夫    氏
  頼   人    政



それを受け、武田勝頼は越後へ2万の兵を送り
5月29日には信濃国境付近に到着したそうです。


5月13日に北条家から景虎に連絡があり
それから5月下旬には武田が信濃国境付近まで
2万近くの兵を動かした事を考えると

既に武田方でも兵を動かす準備は
整っていたというとこでしょうかね。


しかし、北条はというと
弟の氏照と氏邦に兵を向かわせ

自身も8月下旬に出兵したものの
上野まで進んでからはそれ以上は動かず
まもなく小田原に引き返したそうです。


このことから見ても北条はそんなに積極的ではなかったんでしょう。

あくまでも景勝と景虎
どちらが優勢かを見極めて、その上で
景虎が勝てば、自ら兵を動かそうとしたんでしょうねぇ。

まぁなんにしても北条は他家の家督争いにあまり積極的に
クビを突っ込むような事はしなかったように思います。


北条の基盤はあくまでも関東が主体ですからね。


越後のように冬になると閉ざされる地は
北条の戦略にはなかったように思うんですけどね。




さて、先程まで「黒部の太陽」を見ながら
「天地人」の感想を書いていた訳なんですが


なぁんかどうでもいい気分になってきました(; ̄∀ ̄)ゞ



とりあえず、次回は迫り来る武田との脅威に対して

また兼続さんが大活躍するみたいで。







やれやれ┐(; ̄▽ ̄)┌

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天地人 第12話「命がけの使者」
 先週のお習字は世間でもそうとう物議をかもしたようですね。あまりのバカバカしさに、さすがのわたくしも継続が危ぶまれたんですけど、今週はかなりよかったです。ふつうの大河ドラマをみている感じで違和感なく、重畳重畳。しかし「安心」なんてことがこんなに評価されるのも、大河ドラマとしてどうかとは思いますけどねえ(笑)。  お習字は「腹が減っては戦はできぬ」。読んで字のごとくです。先週のがバカすぎたので、このていどですごくマトモに思えます。内容は戦国時代の兵糧についての豆知識でしたが、そうです、このコーナー... ...続きを見る
遊人庵大河塾
2009/03/22 23:05
【天地人】第十二回
兵糧が尽きかけ、景勝軍は危機を迎えた。兼続は、謙信の時代に見方についていた桑取に助けを求める事を思いつく。皆が止める中、兼続は命を賭けて、1人桑取に向かうのだった。     体調もイマイチだし、気乗りしない内容で。。。書くの止めようかと思ったけど、せっ... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2009/03/22 23:06
子育てタクシーを活用しよう
子供がまだ小さい時、電車やバスに乗ることは他の乗客にことを考えると少しためらいがあったりしませんか?電車の中で泣きじゃくってしまうと、理解のある人であれば「大変ね」と... ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/03/22 23:15
天地人 第12回「命がけの使者」
人を従わせるには、お金でも兵糧でも力でもなく「心」であることを兼続は実践することになります。謙信も義という人の心に訴える政治を行い民衆を導いてきたのですが、兼続も明確... ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/03/22 23:16
天地人 第12回「命がけの使者」
12回にして、やっと主役の見せ場。 きました、きました、妻夫木聡@直江兼続です。 斎京三郎右衛門を命がけで説得。 お金じゃない、ココロです。 誠意、義を尽くして、景勝軍に引き入れ成功。 さすが、兼続さんデス。。。。。。 あたりさわりがない無難の脚本の活躍。 で.. ...続きを見る
淡雪の雄叫び
2009/03/23 00:07
大河ドラマ「天地人」第十二回
家督争いが長期化し、本丸をおさえていた景勝方の兵糧は尽きかけ・・・。 ...続きを見る
多数に埋もれる日記
2009/03/23 07:21
★「天地人#12」長のオカンを助け助けられ〜
もはや。。兵糧が尽きかけております。。腹が減っては戦は出来ぬ。。大河ドラマ「天地人」公式ページってことで兼続くん。。自らのアイデアで桑取までお使いに行くことにでも。。それってかなり危険な行為だったみたいで〜。。おぬしを失うてまで生き延びるつもりは無いぞ... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2009/03/23 08:23
天地人12 誇りだけでは腹一杯にならないのも真理かと
謙信死んでからの大河は、予想通りというか、ドラマ自体の重みが無くなってきたような気がするんだけど。 それに今日は お船夫婦の ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2009/03/23 11:11
天地人・12話
・・・内乱はひとまず?休止状態、お米権争奪戦でした・・・。 アバンのお習字・・・ベタベタやないかーい!! ...続きを見る
朝凪、夕凪
2009/03/23 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜い♪卓袱台だ〜!ちゃぶだいが飛んでる〜♪

只今、「堺@情熱大陸」中です
情報ありがと〜ございました〜♪

ほんと、兼続くんの思う通りに展開して行きますね〜。
景勝、ますます影薄し。。。

>村って景勝の兵の兵糧をまかなえる程の備蓄があるんですかい?

私もそれ、思いましたわ。
だからね。。。おかゆですよ。やっぱり(^▽^
くう
URL
2009/03/22 23:11
くう様
まさか、卓袱台で喜んでもらえるとは(笑)

堺さんで楽しんでもらえて何よりです ̄▽ ̄

もう見てるだけで景勝の存在感が
うっすいですよねぇ。

そんなに兼続が活躍させたいならば
兼続が上杉家を継げばいいのに(爆)

>だからね。。。おかゆですよ。やっぱり(^▽^
そうですね。
後、雑穀もバカにはできませんね ̄▽ ̄
ikasama4
2009/03/23 00:17
キャー師匠がちゃぶ台投げてるう♪♪
たしか本編の中でも信綱さんがお膳かなんか投げていたようです。
ポニーテールに包帯を巻いた上に兜をかぶらされた姿で、奥さんが兼続とベタベタしているのを物陰からみて嫉妬に身を焦がす、なんて漫画みたいなことをやらされてちゃあ(笑)。お膳やちゃぶ台のひとつやふたつ、飛ばしたくなる気持ちもわかるというもの。

今週はちょっとはマシだと思ってたんですが、やっぱり、兼続目線で話をゆがめると、必要な史実の背景までよくわからなくなってしまうので、今回の予習も非常にありがたかったです。

>村って景勝の兵の兵糧をまかなえる程の備蓄があるんですかい?

オニギリをたらふく食べている連中のところに、お船からもらったオニギリをさらに大皿一杯もちこむようなことをしていては(笑)、あっというまに食い尽くしてしまうに違いない。
もう祝勝会のようなのんきさ。みぞゆうのきき(笑)にはとても見えません。
遊人庵庵主
URL
2009/03/23 20:27
遊人庵庵主様
>キャー師匠がちゃぶ台投げてるう♪♪
皆さん、喜ばれるんですね ̄▽ ̄

流石にこの展開にはまいりました。

後に夫婦になるとはいえ
まるで相思相愛のように伏線を張り巡らす展開は
あまりにも露骨でしたからねぇ。

折角の大切な食料をあんな風に食ってしまってはねぇ。
すぐ底を尽きそうですよねぇ。

>もう祝勝会のようなのんきさ。みぞゆうのきき(笑)にはとても見えません。
ホント、危機管理能力の欠片も感じられません(; ̄∀ ̄)
ikasama4
2009/03/24 20:47
天地人では、上杉軍の兼続以外は、バカか、嫌な奴か、弱い奴なんでしょうね。その頃は、一般の武士も農業をしていて、あまり農民とはかわらない。武士は農業をしなくてよいとしたのは、織田信長ですから。しかし兼続は、武田に使者として行ったのか?
カモメ
2009/03/28 15:53
カモメ様
この頃の農業をしなくてもいい武士というのは
ほんの一握りで大半は仰るように半農的な事を
行っていたんでしょうね。

>しかし兼続は、武田に使者として行ったのか?
これについては朝日新聞の記事で
上杉家の家老・山崎秀仙が兼続に対して
武田の使者と景勝との対面との取り計らいを
依頼する書状を出しています。

これを見ると兼続は家老と景勝との取次ぎ役の
ような役目を果たしていた事がうかがえます。

ただ、そこから使者との対面に兼続がいたのか
という点については分かりません。
ikasama4
2009/03/29 11:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天地人 第12話 「命がけの使者」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる