渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 天地人 第10話 「二人の養子」

<<   作成日時 : 2009/03/08 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 6

「謙信の遺言」に疑念を持つ柿崎晴家が景勝の屋敷を襲った。

春日山城では東二の丸に景勝の館があり、隣には柿崎家の館があった。
彼が攻めるには格好の場所であった。


彼が不満に抱いていた事
それは景勝が上田長尾家の出自である事だった。

上田長尾家は謙信の父・為景の代より争いし家柄

謙信の姉・仙桃院が上田長尾家に嫁いだ事で
表面的に事態は収束したが、その遺恨は深く残っていた。

それが景勝が養子となってから
上杉家家中は上田長尾家の流れを汲む者が重用されるようになってきた。

それが彼には許せなかった。



上田衆は柿崎晴家の兵を撃退し、彼を討った。


この動きは景虎が仕組んだものだと上田衆の面々は声を上げる。

その中でただ一人
「謙信の遺言」の真相を知る兼続は静かだった。



それから間もなく景虎が景勝の館を訪れていた。

義母・仙桃院の言葉により
此度の一件は自分は一切関知していなかったとの事を
景勝に告げるためであった。


兼続は此度の仔細について厳しく咎めた。

景虎様がこのような事をするはずがない。

だが、ここで自分が何も言わなければ
上田衆の面々が景虎様に対して益々敵対心を募らせるのではないか

そういう思いがあっての事だった。


しかし、そんな兼続の言葉は景虎には届かない。


景虎は景勝よりも年長である。
人質同然だった自分が謙信公の養子となり
妻をめとり子も授かった。
そんな自分が上杉家に刃を向けるはずがない。

それなのに兼続は私を疑った。

若輩者の分際で――――。


兼続は知らないうちに景虎の心を傷つけた。





その翌日。
謙信公の葬儀の一切は
「謙信の遺言」により当主となった景勝が取り仕切る事となり
景虎は景勝の家臣となった。


これにより事態は収束したかに見えた。



しかし、景勝、景虎の思惑とは別に
景勝方・景虎方の思惑とは別のところにあった。




家中にくすぶる火種は速やかに消し去るのみ



そして力を手に入れなければならない。

謙信公は金銀の扱いも名人であった。
謙信公は商売と金山銀山の発掘により莫大な資金を蓄えた。

上杉家が度重なる戦を出来たのも
全てはこの金=力のおかげだった。

それだけにこの金蔵がある本丸を押さえる事は必須事項だった。

それだけに急がなければならなかった。

かの者よりも。




景虎方で動いたのは北条家の家臣であった遠山康光だった。

彼は柿崎晴家の殺害は上田衆の謀略によって仕組まれた事だと吹聴する。
景勝にその意図がなくとも景勝の取り巻きである上田衆は
景虎様を排除しようとするであろう。




景勝方で動いたのは兼続の父・樋口惣右衛門であった。
景虎様についてよからぬ噂を耳にしたといい
景虎様の取り巻きである遠山康光が北条家に送った密書を証拠を揃えていた。



どちらも御屋形様が築いた
力を我らの手で勝ち取りたかった。



景虎の妻・華姫は
北条方の人間である遠山康光を側に置いてはいけないと景虎に諫言した。


しかし、その言葉は更に景虎の心を傷つけた。


わしは邪魔者なのか?
景勝殿がわしを追い出そうとしておると。

わしとて北条の子ぞ!!

そなたまでもそのように言うのであれば
景勝殿がお信じにならぬのも無理はない。

下がれ!!







それから間もなく本丸より太鼓が鳴り響いた。


機先を制し、本丸を手に入れたのは
独断で上田衆を動かした惣右衛門=景勝方であった。






本丸より見えるかがり火に景虎は思う。


ようわかった。
わしは景勝殿を信じておったのに裏切られた。




景虎の怒りは頂点に達していた。





その時、彼の眼前には兼続がいた。



何しにここに来た。

全てはおぬしが裏で糸を引いておったのだな。
不埒にも本丸を乗っ取るとは―――――許さん。




景虎の憎悪の光は彼が抜く刃を伝い兼続の下に集中していた――――。







正直、序盤のこれを見た時



何か愕然とする思いがあったのですが
結構見応えがある内容だったのではないかと思います。



ただ、色々と「どうでしょうねぇ」と思うところは多々多々



景虎と兼続
二人の顔色をうかがう遠山康光のシーンがちょっと
長過ぎるんじゃないの?と思うとこがあったり


今まで敵兵も斬れなかった兼続が
景虎方となるとバンバン斬っていたみたいだし(笑)


刈安兵庫の登場んもオドロキでしたが
彼が隻眼という事で視覚が狭くなっている描写がありましたが
何故もうそんなに出ない役の人にそれだけの事をする必要があるの?

だったり。

何故か刈安兵庫は上田衆の面々で仲良く退治しましたみたいな
演出ってどうなのよ?


後はあれ。
兼続と与七は甲冑に背中に兜を背負ってました。


こんな感じ。




彼らは兜をかぶるのにマゲを結んだ紐を取って
髪をまとめてから兜をかぶるって事なんでしょうかね。


それとも、これってこのままかぶるって事ですかね。

ちなみにこのままかぶるとこーなりますかね。



全体的にこの物語では
構図としては今の地位を確保したい中間管理職的な家老達の利権争いであり
そうした彼らが若い兼続を甘い言葉でそそのかしたというのが
一番実情に合っているのではないかと思います。


若さ故に敵になりそうなものに対しては簡単に疑念を持つのに
こういう場合、御味方に敵がいるという事に気付けないのも
また若さなのかもしれません。

こうして若者は煽動されるんでしょうねぇ(笑)


これから家督争いによる乱が本格的に勃発するのですが
この乱が終結した後の論功行賞では景勝の実家がある上田長尾家の出身が
重用されたというところを見るとやはりその傾向は強いと思います。


兼続の言葉も自身の甘さを表しているようなものです。

まぁ今回の本丸争いは謙信公の作った軍資金争奪戦という事ですね。


結局、全ては銭ズラ( ̄▽ ̄)






それからイマイチ今回の出来事でよう分からん部分でもある
春日山城についてあれこれと

さて、早速調べようと思ったのですが
既にガッツリ調べられている方がおられましたので↓
http://www.asahi-net.or.jp/~ju8t-hnm/Shiro/Hokuriku/Niigata/Kasugayama/index.htm

よろしければ、こちらを見てみて下さい。



この春日山というのは奈良の春日神社から分霊勧請された春日神社に由来するそうで

上杉謙信の父・長尾為景がこの春日山に大改修を行い、ここを居城としたそうです。

その際、春日神社は春日山城の鬼門の方向=ウシトラの方角に遷座されたと言われているそうです。

春日神社の祭神は
天児屋命(あめのこやねのみこと)
藤原氏の氏神でもあります。


建御雷神(たけみかづちのかみ)
軍神として信仰されてます

経津主神(ふつぬしのかみ)
物部氏の氏神でるとされています

姫大神(ひめのかみ)
天児屋命の妻であると言われています


こうした神々が祭られている場所ではありますが
そこに謙信が毘沙門天を祭ったのは

帝釈天が須弥山の頂上に住み
持国天 - 東の守護神
増長天 - 南の守護神
広目天 - 西の守護神
多聞天 - 北の守護神

これら四天王を配下にしているとの伝承に基づいているのではないか
というのもあるのかもしれません。

須弥山というのは古代インドの世界観の中心にそびえる山ですが
日本での意訳は「妙高」だそうで。

そして、信州には妙高山があります。

この妙高山と春日山の位置を記してみると

こんな感じですかね。


こうしてみると春日山は妙高山から北の位置にあります。


また、謙信が毘沙門天の生まれ変わりを自称した事については
謙信がかつて父親に疎まれていたために
寺に入れられたと言われています。

父から必要とされていない事に
自分が必要とされたいという思いが強かったのかもしれません。

そこで彼が考えたのが
人々から崇め求められる神に自分自身がなる事だったのかもしれませんね。




まぁちょっと話題が逸れた感もありますが(; ̄∀ ̄)ゞ




次回はいよいよ景勝・景虎の争いが表面化します。


今回を見た限りでは
ここからどんな風になるのかある程度は楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天地人 第10回「二人の養子」
一人の影響力絶大の武将が世の中を去るとき、その後に残される人たちは不安にかられ、そして跡取りになった人に対する不審は募るんですよね。上杉謙信という戦国時代にあって最強... ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/03/08 22:45
天地人・第10話
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る ・・・もうOPのお習字のコーナーで「イケメン」と書かれたものが出てきた日には・・・「このドラマ、マジ大丈夫か?」と危惧を抱いてしまった→天地人第10話です。 ...続きを見る
ブルー・カフェ
2009/03/08 22:46
天地人・10話
・・・遠山さんの存在感がブキミ・・・(自分で行動しないで、策略に動いてばかりなのが、どうにも)・・・。 ...続きを見る
朝凪、夕凪
2009/03/08 22:56
【天地人】第十回
偽りの遺言など、わしは認めぬ。景勝の跡目を認める事が出来ない柿崎晴家は、夜討ちを仕掛けてきた。それを討ち取った上田衆だったが、詫びを入れにやってきた景虎を兼続は厳しく問いただしてしまう。お館さまから受けた恩義は、景勝どのにお返ししていきまする。今の私に... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2009/03/08 23:12
天地人 第10話「二人の養子」
 先週、阿部ちゃん謙信が昇天して難しい局面にさしかかりました。阿部ちゃんがひとり力瘤を作ってかろうじて支えてきた、「大河ドラマらしい重み」というものがスコーンと外れて、このドラマが何処へすっ飛んでいくのか…と、正直ヤジウマ半分で見たんですけど、今週は、それでもなんとか大河ドラマらしいところに踏み止まってはいた、という印象です。  といっても、実は、8時ジャストのお習字で「イケメン」というのが出てきたときに、もう今週は見るのを止めようかとマジで思いました。阿部ちゃん謙信のインパクトがなくなったぶん... ...続きを見る
遊人庵大河塾
2009/03/08 23:16
天地人 第10回「二人の養子」
角田信朗@柿崎晴家が冒頭に大暴れ。 切られて、突かれて、切られて。。。 まだ死なないんかぁ!!ってな具合。 いささか、やり過ぎです。(苦笑) 変貌というか、メッキが禿げてきた。 そう貴公子の上杉景虎さんです。 直江兼続あたりに、糾弾されてキレるのは理解可能。 .. ...続きを見る
淡雪の雄叫び
2009/03/09 01:45
大河ドラマ:天地人 第10回「二人の養子」
いよいよ物語が動きました。やはり戦国時代だけあって、活動的になると面白さが増しますね。景虎派の柿崎晴家が景勝に仕掛けた夜討ちは、景勝派と景虎派どちらの陣営に対しても与えた影響は小さくなく、結果的に夜討ちは失敗したものの、その後の行動において両者の対立は... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2009/03/09 05:22
天地人 (10)
この間歴史ミステリーなんちゃら・・というドラマ仕立ての バラエティを見ていたら、タイムリーなことに 兼継のことをやっていたので、かなり予習ができて 楽しかったです。 ...続きを見る
Simple*Life
2009/03/09 10:05
天地人 (10)
この間歴史ミステリーなんちゃら・・というドラマ仕立ての バラエティを見ていたら、タイムリーなことに 兼継のことをやっていたので、かなり予習ができて 楽しかったです。 ...続きを見る
Simple*Life
2009/03/09 10:06
知将・惣右衛門!!
遂に御館の乱の前哨戦が始まりましたね。 柿崎の夜討ちに始まり本丸占拠と続きましたが、どうやら 景勝側の勝利に終わった様です{/choki/} ...続きを見る
函館 Glass Life
2009/03/09 10:19
妻夫木聡の『天地人』第10回:二人の養子…権謀術数がまかり通り「義」はどこへ!?
大河ドラマ『天地人』第10回:二人の養子 ...続きを見る
子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ
2009/03/09 11:01
大河ドラマ「天地人」第10話「二人の養子」感想!
内紛ドロドロ上杉家! 22.2% ...続きを見る
優しい世界〜我が心に迷いあり(β)
2009/03/09 23:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>彼が隻眼という事で視覚が狭くなっている描写がありましたが
何故もうそんなに出ない役の人にそれだけの事をする必要があるの?

それは、三池監督がヤッターマンの宣伝部長として
活躍しなくてはならないから

今日のドラマを見るよりも、師匠の記事を読んだ方が
ああ、そうだったのか、と納得出来る場面が多かったりして^^;

もしも、あの時、上田衆が春日山に入っていなければ、
あの夜の内に春日山は景虎の物になってしまっていたと思いますか?
なんか、あのドラマの流れならば、景虎は逸った遠山を叱責して、
景勝におとなしく春日山を返すのではないか。。。
そして、兄弟はそれなりに仲良くやっていけるんじゃないか。。。

とか考えてしまいました。

つまり、何だか樋口一族の陰謀のせいで御館の乱が
起きるような気さえしてしまいます

景虎が、すっごく哀れに見えてしまいましたわ〜。
くう
URL
2009/03/08 23:32
おおっ、さすが画伯、わたしが感じた疑問をきちんと絵にしてくださった。
痛快痛快(笑)。
わたしも思ったんですよ…あのポニーテールでどうやって兜をかぶるのかって(笑)。

あと、「イケメン」はわたしもガックリ脱力しました。今週のOP前は酷かったですね(笑)。人質だけどイケメンだから気に入って謙信が養子にした、みたいな言い方も微妙だったし…そーゆーバーチャル世界の住人みたいな娘っ子たちを登場させちゃってたし。

春日山城は「風林火山」のときに私も行って登ってみたんですけど、荒天で、上のほうまでは行けなかったのです。
春日山神社まででもじゅうぶんハードでしたけどね…。なにか「霊場」みたいな雰囲気のあるところでした。
謙信の毘沙門天信仰と妙高との位置関係は、なるほど〜!です。ホント、現地の景色を思い浮かべるとスコンと腑に落ちます。
具体的な城や城館は残って無くても、地形から戦国武将のメンタリティを想像するのはロマンがありますよね。
遊人庵庵主
URL
2009/03/08 23:36
くう様
>それは、三池監督がヤッターマンの宣伝部長として
>活躍しなくてはならないから
なるほど、合点がいきました(゚∀゚)

今回の大河はそこそこに見れるとこは
あったので頑張ってみました。

>もしも、あの時、上田衆が春日山に入っていなければ、
>あの夜の内に春日山は景虎の物になってしまっていたと思いますか?
たしかにそのように考える事も出来ますね。
ただ、景虎はそう行動したとしても
「本丸を取った」という事実がある以上
それはそれで景虎の取り巻きは景虎のことを疑い
そして、景勝の取り巻きはそんな景虎を益々脅威に
感じてしまうかもしれません。

でも、そういう派閥争いに
それぞれの家臣が固執してしまった事が
悲劇を生んでしまったと思います。

もし、謙信が己の言葉で遺言を残してさえいれば
事態はこんな風にならなかったと思います。

>つまり、何だか樋口一族の陰謀のせいで御館の乱が
>起きるような気さえしてしまいます
乱の後、兼続が重用され、上杉家を代表する顔になった事と
今回の出来事を照らし合わせればそういう風に考えれますね。
ikasama4
2009/03/08 23:58
遊人庵庵主様
あれは・・・・・ねぇ。
「すぐにでもかぶってみてくれよ!」って
言いたくなりました(笑)

何か謙信がただのミーハーな人に成り下がった感もありますが
そこだけでしか景虎が評価されないというのも悲しい話です。

春日山城跡を行かれたんですか!
いいですねぇ。

謙信公の毘沙門天信仰と妙高の位置は
あくまでも自分の推理なんで実は全然違うかもしれませんが
そう考える方がジグソーパズルのピースがハマルみたいで
楽しいなぁっていうトコロです(; ̄∀ ̄)ゞ

>具体的な城や城館は残って無くても、地形から戦国武将のメンタリティを想像するのはロマンがありますよね。
そうですねぇ。こういう地名は昔の人はよくよく考えていると思います。
そこから色々と想像出来る楽しみはホント、ロマンでございます( ̄▽ ̄)
ikasama4
2009/03/08 23:59
ikasama4さん、こんばんは。
いくらか良かったような気がしますね。
ただ仰るとおり相変わらず未だ意味不明な演出もありましたよね。
画面が真っ暗になった時は遂にTVがダメになっちゃたかと思いましたよ
(まだブラウン管なもんで><)

>そういう思いがあっての事だった。

あ、そうだったの?全然わかんなかった(苦笑)
ikasama4さんってば善人だからそういう解釈・・・ってことはないですよね?(笑)

>ここからどんな風になるのかある程度は楽しみです。

そうですね、過度な期待を寄せないことが楽しく見る秘訣ですね♪
なおみ
URL
2009/03/10 00:16
なおみ様
こんばんはです。
たしかに色々とおやぁ?みたいな
演出がありましたからねぇ。

ちなみに我が家はブラウン管だし
テレビデオがバリバリ現役です(; ̄∀ ̄)ゞ

>ikasama4さんってば善人だからそういう解釈・・・ってことはないですよね?(笑)
ええ、兼続クンがそう言ってましたので(  ̄∀ ̄)ゞ


>そうですね、過度な期待を寄せないことが楽しく見る秘訣ですね♪
ですね。
あまりはまり込まないようにして見るのが
一番よさそうです(  ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009/03/10 21:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天地人 第10話 「二人の養子」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる