渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 天地人 第2話 「泣き虫、与六」

<<   作成日時 : 2009/01/11 23:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 12 / コメント 14

越後は上田庄にある雲洞庵
そこで修行に励む喜平次とその小姓達の中に樋口与六もいた。


しかし、自分は親に捨てられたと考えた与六は
強がりを言って周囲を困らせていた。


そんな与六が本音を言えたのはただ一人だけだった。


わしはこんなとこ、きとうはなかった。

何故わしをここに呼んだのじゃ!
わしは喜平次様の小姓などになりとうはなかったのに!





その日の夜、与六は雲洞庵から姿を消した。


喜平次は察した。

日頃の与六の言動から
おそらく母の下に行ったのではないかと。


その事を北高全祝に告げ、これからどうすべきかを尋ねたのだったが
彼の返答は喜平次にとって意外なものだった。



それを決めるのはわしではありませぬな。
喜平次殿が本当に与六を家臣としたいかが大事。



わしは好かれてはおらぬ故。


その言葉に北高全祝は喜平次の心を感じた。
そして、考慮の上、次の言葉をかけた。



素直な気持ちをお伝えなされ。


喜平次はその言葉に従い、すぐさま与六の後を追った。





その頃、樋口惣右衛門の自宅では寝静まっていた。


床にいたお藤は外で雪を踏む音が聞こえた。


戸を開けると、そこに現れたのは可愛い息子の姿だった。



母上。
与六は母上のお傍がよい。
あんなとこにいとうはない。



与六。戻るのです。


母上・・・。


寺へ戻りなさい。


嫌じゃあ。


お藤はこれ以上耐えられない思いを断ち切るために
与六を外に出して戸を閉めた。

与六に防寒具をつけてあげるのが精一杯だった。


泣きながら戸を叩く与六。


必死にこらえるお藤。


そうして泣き疲れた与六は
これからどうすべきか途方に暮れていた。


ふと、与六の後ろの方から誰かが歩く音が聞こえてきた。

与六。戻るのじゃ。

与六の前に現れたのは喜平次だった。


もう歩けぬ。


すると喜平次は己の背中を与六に向けた。

自らが与六を背負って歩くという。


与六は喜平次におんぶされた。



その姿を見たお藤は喜平次と目が合った。

お藤は思わず両手を合わせて頭を下げた。

彼女は喜平次の姿に与六を救う神を見た思いだったかもしれない。



その帰途で、喜平次は与六に語りかけた。


わしはあまり語らぬ。
そんなわしを皆がもてあましておるのも知っておる
でも、そなたならば思っておる事を話せる。

そなたが寺にきて、嬉しかったのじゃ。



喜平次様・・・・・。


与六。この喜平次の傍にいてくれぬか。


与六はもう頑張れぬ。
頑張るのはもう嫌じゃ。



それでよいのじゃ。
どうじゃ、泣くとすっきりするであろう。



じゃあ、喜平次様もお泣きになるのか?


わしは泣かぬ。
上に立つ者はみだりに泣いてはならぬのじゃ。



喜平次様の傍にはこの与六がおる。


ならば何があってもそなたとわしは一緒だな。



この時の出来事が
与六と喜平次との強い絆で結ばれる事となっていく。







そして時は流れて1573年



時代は急速に動いていた。



急速に勢力を拡大していった織田信長に対して
周辺の諸侯達は信長包囲網を結成していた。




その頃、樋口与六と泉沢又五郎は川中島にいた。
武田の動きを探るために。

そして与六は持ち前の好奇心からかつて
上杉家が川中島で陣を敷いた妻女山にいた。


そこで二人は武田の軍を見た。


その兵を率いるは香坂弾正と言う。





ちなみに若かりし頃の香坂弾正


※ドラマでは高坂弾正ですが、こちらでは「風林火山」より香坂の姓を採用してます


海津城城主が動いた。



二人は急ぎ、越後にいる上杉景勝の下に、その報せをもって走った。



時代は刻一刻と動いていく――――――。















お子ちゃまネタは反則ですねぇ(T▽T)

強がりを言う与六はたまらんですね。


上杉景勝と直江兼続との絆の始まりのために
このエピソードを作って、それで感動して下さいって意図に
見事にハマってるかなぁ。

ただ、そのナレーションまでは余計だったかもなぁ。



それから、与六がもらったお菓子を母のために
父に渡すとこ。

それをもらった母・お藤は
それを大切にしまっておくのですが

あれはおそらく今後、母が亡くなった時に
出てくるんでしょうね。


それから輝虎は喜平次が
越後の領内を見て、米が実るという言葉を聞いて
彼には良き大将の器があると感じたようで。


雪深き越後は
その雪故に他国に攻められることもないが
他国に攻め入ることが出来ない。

しかし、その雪のおかげで
米を豊かに実らす事が出来るという事で。


喜平次が自分と同じ思いを抱いている事が
輝虎には嬉しかったのでしょうね。


後は笹野さんの木下藤吉郎
ちょっと演技が過剰かも( ̄▽ ̄)







今回はまず上杉輝虎の領内経営について。
上杉謙信というと軍神というイメージがある一方
内政能力に関しては優秀なイメージはありませんが
かなり出来る方だったみたいですね。


上杉謙信の居城である春日山城は
今でいう上越市に当たります。


この地は航路も発達しており
上杉謙信はこの地から佐渡金山から金の収入

それから越後の代表的な特産品であるお米

そして小千谷縮や越後上布

その原料であり日本一の生産を誇ると言われた
青苧(あおそ)を京に向けて販売していたそうです。


青苧というのはカラムシとも呼ばれ、繊維の材料になりました。

また、越後布は品質もよく上級貴族にも愛され
鎌倉時代に書かれた歴史書「吾妻鏡」には

征夷大将軍となった源頼朝が
その将軍宣下をした使者に対して越後布を送ったとの記述があるそうです。
それくらい昔から越後の布は有名だったそうですからね。


これらの特産品でもって上杉謙信は国の収益をあげていたそうです。



だから、謙信の中では越後をしっかり治めておけば
わざわざ他国を攻めて相手の領土を奪う必要はなかったという事なんでしょうね。



ちなみに直江兼続がいるこの上田荘は青苧の産地でもあったそうで。

長尾政景の本拠地・坂戸城がある上田荘は
今でいう南魚沼市にあたりこの地から魚野川を通って
春日山城がある府中にまで青苧を運んでいたそうです。


直江兼続は後に藩政改革として殖産興業のひとつに
青苧の生産を奨励したそうで。

直江兼続は上田荘で過ごした時代に
青苧が金になる特産物であるという事を感じていたのかもしれません。





それから長尾政景の死については事故死・暗殺と諸説あるみたいですが

上杉輝虎は政景の子・喜平次を自分の養子にします。


作品的にはなかなか感動的に見えるのですが
これを少し角度を変えて見ると


上杉輝虎と長尾政景が当主である上田長尾家は仲が悪かった。

しかし、政景亡き後
彼の息子・喜平次を輝虎が養子にした事で
上田長尾家の家臣達は自動的に上杉輝虎の家臣に参入されます。


上田長尾家の家臣達は輝虎に対して反乱を起こす事が出来なかった。

それは政景の妻・仙桃院の影響もあったかとは思いますが
一番の要因は政景亡き後の後継者は喜平次しかなく

その喜平次が上杉輝虎の養子として春日山城に移った。


つまり、上田長尾家の家臣達にとっては喜平次は
人質にされたという事ですかね。


そう考えると上杉輝虎はそうした
外交的なバランス感覚にも優れていたんじゃないかなと
思えてきたりもします。




そうして後の上杉景勝は成長していった訳ですが


この彼の幼少時代を追いかけてみると


この方と似たような人生を歩んだ方が浮かんできます。



その昔、三河国・松平家は
尾張の織田家と駿河の今川家に挟まれ
いつ滅んでもおかしくない状態にあり

そこで松平家の当主は今川家に降伏する事を決め
己が息子・竹千代を今川家に送る、即ち人質になるのですが

ここで紆余曲折あって竹千代は織田家に送られてしまいます。
最終的には竹千代は今川家に送られますが
竹千代が織田家にいた間に松平家の当主は死んでしまいます。


そのため、松平家の後継者は竹千代しかなく
その竹千代は駿河の地に移った。



竹千代というのは後の徳川家康なんですけどね。



ちょっと無理矢理な感もあるみたいですが(; ̄∀ ̄)ゞ


そんな似た幼少時代を辿った上杉景勝と徳川家康



両者に違いがあるとすれば
上杉景勝は養父・上杉謙信=を師とし
それによって上杉謙信の「義」の考え方を模範にし

徳川家康は織田信長や武田信玄を師とし
それによって二人の「利」の考え方を模範にしたから
ではないかなと思ってみたりするのですがね。

このドラマの考え方に沿ってみると自分の中ではこんな風に見えたりもします。



さて、それから今回は
上杉家家臣として登場した方をば。



まずは吉江宗信


上杉謙信に仕えていた重臣の一人だそうです。
この方に関する資料がちょっとないのですが
この方の出番は御館の乱と魚津城になりますね。







直江景綱



1561年はこんな感じだったんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ


当初は直江実綱と名乗っていましたが
1562年に政綱、そして1564年に
上杉輝虎の昔の名前である景虎の「景」をもらって景綱となったそうです。




北条高広


これは最初、自分も小さい時に間違えましたが
こう書いて「きたじょうたかひろ」と読みます。

もちろん相模の北条氏とはなんの関係もございません。

彼の祖先は大江広元だそうで旗印は毛利家と同じです。

彼は武勇に優れてその勇名は他国に鳴り響いていたそうですが
粗忽者(軽率で過ちを犯す)だったそうで

1567年には相模の北条氏(ほうじょうし)に通じて
上杉謙信に反旗を翻します。

ですが、その翌年に上杉謙信と北条氏との間に同盟が結ばれると
北条高広は再び上杉謙信の家臣として仕えます。

ちなみに北条高広は上野国は厩橋城城主
(今でいう群馬県は前橋市辺り)なので
この冬の時期に雪に閉ざされた越後の地で酒なんか
飲んでるような事は多分なかったと思います(; ̄∀ ̄)ゞ

ちなみに大河ドラマ「武田信玄」で北条高広を演じてたのが西岡徳馬さんです。





柿崎晴家



お父さんは上杉家の中でも屈指の猛将とされた柿崎景家


お父さんに負けじとこの方も武勇に優れてたらしいそうです。
ただ、まだこの時代はお父さんがご健在です(; ̄∀ ̄)ゞ




他にも中条氏や本庄氏、河田氏等々と
もっともっといるんですけど上田衆の面々も登場させるし

関が原の事もあるので、これくらいに抑えてるんでしょうかね。







さて、今回より妻夫木さん、北村さんが登場しました。

そして次回からは上杉景虎も登場します。


徐々に上杉家の辺りも騒がしくなりますが
この上杉景虎と上杉景勝についてはまた次回という事で。

これから色々と調べモノをばε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天地人 第2話「泣き虫与六」
 先週の第1回は阿部ちゃん謙信が主役でしたが、今週の主役はちび与六です。そう、先週この子にメロメロになった全国のおかあ様がた、おまちどおさまでした。今週はまるまる1回分ベタに…もとい直球に、泣かせるシリーズ・子役が主役です。  そのまえに、ビックリしたのはOP前のマクラ部分のド頭に「頑固者」というお習字がでてきたことでした。なんだあれは。これから40数回(短縮なんですってね)、これ毎回続くのかなあ。そのうちネタが切れて「つまずいたっていいじゃないか」「にんげんだもの」とか書かれそうで心配。なんか... ...続きを見る
遊人庵大河塾
2009/01/11 23:52
【天地人】第二回
それを決めるのはワシではありません。喜平次さまが本当に与六を家臣としたいかどうかが大事。素直な気持ちをお伝えなされ。雲洞庵で修行を続ける中、母と無理矢理引き離された与六は意固地になり、周りと打ち解けずにいた。まだ意地を張っておるな。そのような心根では人... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2009/01/12 01:05
天地人 第2回「泣き虫、与六」
天地人が全47回であることが発表され、心なしか話の展開が早いような気がしてなりません。なんでもNHKの思惑で12月にドラマをやるために、どうしても11月中に終わらせる必要がある... ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/01/12 01:08
天地人〜泣き虫与六
大河ドラマ『天地人』第2話〜泣き虫与六与六めっちゃかわいい〜〜っO(≧▽≦)Oそんなカワイイ子供時代はあっという間・・・もっと子供時代でも良かったよぉ〜和尚さんにしかられて晩御飯抜きになった与六。外を見て「ははうえぇぇ」とつぶやきながら泣く与六に声をかけ... ...続きを見る
うさうさ日記
2009/01/12 02:44
大河ドラマ 天地人
天地人 第2話 「泣き虫、与六」 ... 冬の時期に雪に閉ざされた越後の地で酒な... ...続きを見る
かおりの出来事
2009/01/12 06:12
大河ドラマ 天地人 第二回「泣き虫与六」
「この喜平次のそばにいてくれぬか? …いつまでも、わしのそばにいよ!」 ...続きを見る
超特撮艦隊3バるカんX〜GOLD LUS...
2009/01/12 08:32
与六への告白!!
とうとう与六は雲洞庵から逃げ出してしまいましたね{/sayonara/} 友達も出来ず北高全祝からも怒られてばかり{/cat_7/} 幼い与六には堪え切れなかったのです。 ...続きを見る
函館 Glass Life
2009/01/12 10:42
天地人・第2話
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る ウェブでも視聴率的にも大反響だった→天地人第1話!いよいよ2回目ですね。・・・早いですね、一週間。今始まった事ではないんですけど「大河」レビューで一週間が始まるってカンジがするんですけどね、なかなか慌しいです(笑) そんなこんなで今年も出来る範囲で書き上げていきたいと思いますので、お付き合いのほどよろしくお願いいたします{/dogeza/} ...続きを見る
ブルー・カフェ
2009/01/12 18:21
大河ドラマ「天地人」第02話「泣き虫、与六」感想
与六、脱走 ...続きを見る
優しい世界〜我が心に迷いあり(β)
2009/01/12 19:11
信越国境に異変の兆し天正元年に春なんてないよ。(妻夫木聡)
さて・・・空想科学戦国時代の幕開けである。1573年には春はあるが・・・天正元年 ...続きを見る
キッドのブログinココログ
2009/01/12 22:53
大河ドラマ:天地人 第2回「泣き虫、与六」
与六と喜平次の距離が縮まった回でしたね。大まかな流れとしては、逃げ帰った与六を喜平次が追いかけて二人の仲が急速に近づくといった感じの内容でしたが、全体的には割と面白く観られました。色々と気になるところも多かったですけど(笑)という訳で、今回は先に気になっ... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2009/01/12 23:26
『あんみつ姫2』と大河ドラマ『天地人』第2回…両番組の天と地の違い
−− 『あんみつ姫2』 −− ...続きを見る
子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ
2009/01/13 10:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか、『風林火山』が懐かしかったですねえ、今週は(笑)。

あまり違和感なく繋がっているので、川中島合戦の回想シーンとかに、ふつうにガクトと亀様が出てきそうでしたが。

子供ネタ、おかあさんネタ、おにぎりネタ(笑)。反則のオンパレードでおもわずもらい泣きする私がいましたが、こうしてみると大河の泣かせのツボっていがいに定番におさまってるもんですねえ。
お菓子はほんとうにおかあさんの死後に手文庫から出てきそう。
それと、個人的に「胸に吊るすものネタ」も外せません。兼続くんが胸にさげた鏃のお守りって!あれがいずれ、命を狙って放たれた銃弾を跳ね飛ばして九死に一生を得る、なんてことがあるかもしれない。いやきっとある。あったら笑う!

武将達の変貌ぶりが面白かったです(笑)。直江さんがいちばん繋がらないですね。ていうか、今年の直江様はどうしても「原虎胤」だと思っちゃいます(笑)。
遊人庵庵主
URL
2009/01/11 23:49
ほんと子役使いは反則技ですわ〜(; ;)
今週は、泣かされっぱなしでした。。。
あのお菓子、なるほど、そういう事になるかも知れませんね。
そこまで考えなかったなぁ。

>つまり、上田長尾家の家臣達にとっては喜平次は
人質にされたという事ですかね。

そういう背景もあるので、喜平次くんのナイーブさが
余計にたまらない回でした。
次回から子役に会えなくなるのは寂しいです(; ;)

ブッキー、14歳なんですね^^;
まぁ童顔だし。。。

今日は大河が終わってからTBSで「どろろ」を見て、
ブッキーづくしでした♪
(そして、「どろろ」の間に「ジェネラル・ルージュの凱旋」の
予告が入り、堺さんに、きゃぁぁぁだったのでした)
くう
URL
2009/01/12 01:17
ああ、風林火山の香坂クンがなつかしい・・・かなりの好青年だったのに見る影ない(泣)
それだけ月日が経ったということでしょう。しょぼん。
うさ
URL
2009/01/12 02:42
来週からチビ与六が見られなくなるのかと思うと
すごく残念ですよぉぉぉ。
もう大きくなっちゃったの?って感じ。笑。
ずっとこの話でもいいのに〜。
やっぱ私は戦国時代の話には向いてないかも・・・。笑。
みのむし
URL
2009/01/12 09:38
遊人庵庵主様
川中島を見ると一昨年のドラマが思い浮かびますね。
ホント、正直あの回想シーンで
ガクトと亀さんを見たかったです(笑)

たしかに反則のオンパレードですね。
最近は嫌でもこういう見え見えの展開には
ハマってしまう自分がいます(T▽T)

あのお菓子はおそらく伏線になるとは思いますが
あれから10年、お菓子が原型を留めているかどうかが
現在の心配です(笑)

>命を狙って放たれた銃弾を跳ね飛ばして九死に一生を得る
ありそうです(; ̄∀ ̄)ゞ

なるほど、原虎胤ですかぁ。
自分は直江実綱として描いた西岡徳馬さんを見た時に
北条高広が浮かんできました(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009/01/12 16:23
くう様
子役の見せ方が上手いし
また子役が上手いですからねぇ(T▽T)

多分あのお菓子はそういう事になると思いますけど
10年以上保管していたお菓子がどういう事になるのか
それはそれで怖いものがあります。

>ブッキー、14歳なんですね^^;
>まぁ童顔だし。。。
笹野さんの秀吉と比べれば全然許せます(笑)

そういえば今日は妻夫木さん尽くしでしたね。

>(そして、「どろろ」の間に「ジェネラル・ルージュの凱旋」の
>予告が入り、堺さんに、きゃぁぁぁだったのでした)
なんと!それは何よりです( ̄▽ ̄)
ikasama4
2009/01/12 16:23
うさ様
1573年に登場した高坂さんは
1527年生まれなのでこの時、46歳ですね。

たしかに一気に老けました(笑)

>それだけ月日が経ったということでしょう。しょぼん。
そういうことですね。
ikasama4
2009/01/12 16:24
みのむし様
来週からは世界が広がりますからね。
個人的にはかなり楽しみになってきました。

もし、よろしければ次回も
おつきあい下さいませ( ̄▽ ̄)
ikasama4
2009/01/12 16:24
ikasama4さん、おはようございます。
前作と比べると、やっぱりウェブ上で
相当盛り上がっているカンジがしますね。
しかも「風林火山」の地続きだと強く意識させられて
懐かしくも楽しいですね。

>ちなみに若かりし頃の香坂弾正

今回の一番の衝撃はゲンゴローの変貌でしょうね!
これにはショックを受けた視聴者も多かったかと(笑)

相変わらず沢山良いお仕事されてますね・・・
(しかもムサイのを沢山)
最近頂いた「なおすけ」を
よくセーターの下に着ているんですが
脱ぐと「腹芸」みたいでステキです◎
今年は誰がikasama4センセイの
餌食になるのでしょう?

>これから色々と調べモノをばε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ

あ、センセイ!出来ましたら「年表」のリクエストを
これひとつ!
なおみ
URL
2009/01/13 08:23
連休の間、新作のネタが座礁だらけになっていたので「篤姫」前半期鑑賞に耽ってました。ikasama様も書かれていた通り、今の政治家に見せてあげたい作品です。安政の大獄とか引用されてる政治家さんもいらっしゃいますが、慶喜ですら今の政治家よりも「マシ」だったのではと思う今日この頃です。ア○ウ総理とその一派だから仕方がないのでしょうが。(廿十は前の誤読があったのですから普通調べるだろうし、最悪二十と書いて無難に逃げるでしょう)うつけに見せた家定と賢く見られたい○○ウ総理では天地の差の行政ということなのでしょう。しかし開国後、こうまで日本人の心が地に落ちたのは侍魂が消えたからなのでしょうか。天地人を見てても兄弟の絆というのが環境や教育によって培われていくのがヒシヒシ伝わります。文科省の浅知恵なんかより史実をもっと読めといいたいですねえ。読んではいても読解力がなければ無意味でありますが。(不笑***
しとろえん
2009/01/13 21:09
なおみ様
こんばんはです。
>前作と比べると、やっぱりウェブ上で
>相当盛り上がっているカンジがしますね。
私もそれを感じます。
一昨年のドラマの影響もあるし
妻夫木さんというキャスティング効果もあるんでしょうね。

>今回の一番の衝撃はゲンゴローの変貌でしょうね!
>これにはショックを受けた視聴者も多かったかと(笑)
でしょうね(笑)

>相変わらず沢山良いお仕事されてますね・・・
>(しかもムサイのを沢山)
結構そういうのが好きなので(; ̄∀ ̄)ゞ

女性やイケメンは描くのが難しくて(; ̄∀ ̄)ゞ

「なおすけ」=腹芸
いいですね。笑わせてもらいました。

今年はパパイヤさんがもしかしたら
そうなるかもしれんです(; ̄∀ ̄)ゞ

年表のリクエスト、承りました( ̄▽ ̄)
ikasama4
2009/01/14 00:20
しとろえん様
篤姫は全体的に「役割」というのが
物語の主題になっていました。

己が役割が何なのか
その目的もわからずに政治家になったような方が多いような気がします。

ただ、一方で政治家が漢字が読めない一件をバカにして
バッシングするマスコミのやり方には納得がいきません。
そのマスコミがある局がそういうバカな事を
売りモノにしてますからねぇ。

侍魂ですか。
おそらく鳥居耀蔵は
東京を見てその事を言ってたのかもしれませんね。

ただ、そういうとこばかり見ると
心が地に落ちたと見える気もしますが

探してみれば
まだ日本人の心は大丈夫だと思えるとこはあったりします。

あくまで探してみればですけど(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009/01/14 00:21
天地人最高!!!!!!!!!
今。。。安土桃山時代を習っている所です

上杉謙信の役をしている矢部ちゃんも最高!!」です(*^。^*)
やっぱり心にみにしんで感じることが出来ました。。。。

石田光成役の小栗旬君は。。。直江兼続を織田信長から助けるところが
感動的とゆうか・・・魅力的でした!!!!

けど。。。後に石田光成が☆関が原の戦い☆で徳川家康に負けてしまう事
がとても残念と思います。。。(ToT)/~~~

けど。。。時代というのはこういう物!!仕方がありませんね。。。

これからの天地人もきたいしてまってますぅぅぅぅぅぅぅ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ゆり☆彡
2009/02/21 13:39
ゆり☆彡様
安土桃山時代は楽しい時期ですからね( ̄▽ ̄)

阿部ちゃんの謙信公は圧巻ですからね。

石田三成役の小栗さんも
なかなかいい感じです。

>後に石田光成が☆関が原の戦い☆で徳川家康に負けてしまう事
>がとても残念と思います。。。(ToT)/~~~
そうした無念のような思いを残すからこそ
こうして武将は時に輝くのでしょうね。

今後も天地人を楽しみにしていって下さい。

私もカタチはどうであれ見守るつもりですので
(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009/02/21 16:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天地人 第2話 「泣き虫、与六」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる