渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年 第4クール ドラマ 初回評価

<<   作成日時 : 2008/10/22 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

さて、例によっての初回評価です。



風のガーデン
オー!マイ・ガール!!
流星の絆
七瀬ふたたび
小児救命
ギラギラ
Room Of King
ユメをかなえるゾウ
OLにっぽん
セレブと貧乏太郎
チーム・バチスタの栄光
サラリーマン金太郎
SCANDAL
スクラップ・ティーチャー
ブラッディ・マンデイ
イノセント・ラブ

















風のガーデン

今期の中では役者の技量とドラマの演出、そして主題歌が
抜群に素晴らしい大人のドラマです。

ドラマの元々のテーマは「生」と「死」

人が自分の余命を知った時
残された時間をどのようにして生きるのか

ドラマが公開される前に名優・緒形拳さんの訃報もあって
この点については新たな深みも生まれています。

また、この作品では緩和治療=痛みを和らげる治療

そこで痛みを和らげてくれるものについても描かれているようで。


そんなテーマの中で中井貴一さんの演技は素晴らしいと共に
最後の作品となった緒形さんの言葉がとても心に響きます。










それから東京と北海道との対比とか
現実とユメの狭間で揺れる貞美の心境とか

まるで自分がそれを体験してきたかのような感覚。

この辺りの演出に関しては洗練されている印象があります。

その他、平原さんの演技が自然な感じがしますね。

その平原さんが歌う主題歌。
美しい自然の映像の中、主のいない家を
悲しむようなエンディング。

鎮魂歌のようです。

これは最終回でかなりきそうですね(T▽T)








オー!マイ・ガール!!

序盤は笑って後半は心が温かくなれる。
今期の作品の中ではその一番の典型ですかね。

そして、こういう家族モノのドラマにもこみちさんはハマります。

以前、もこみちさんが出演していたドラマ「東京タワー」では
オカンにわがままを言い、後にオカンに迷惑をかけている事に
後悔してオカンのために何かしてあげようとする主人公を演じてましたが

そのキャラはこのドラマでもまんまですね。

一見するとわがままな子供に手を焼く大人って感じなんですが
よくよく見れば、子供の切なる願いも
無視してしまう大人のわがままになってしまう。

子供は大人が思っているよりもずっと大人って事ですね。

これはなかなかに上手い描き方です。

それから、こんなもこみちさんのキャラを上手く引き出しているのは
天才子役を演じる吉田里琴さんの演技力とドラマの演出ですね。

また、もこみちさんに絡む
古田新太さん、岡田義徳さん、ともさかりえさん

それぞれの掛け合いがちょっとの時間なんですが
これらの役柄の性格を上手く引き出しています。

加藤ローサさんの役ドコロについては
今のところ、妙なうっとうしさを感じるのですが
それも、ドラマの演出で今後そういう部分が修正されていく
とこが感じられます。


そして、このドラマの主題歌はコブクロ

こういう家族モノには抜群にハマります(≧∇≦)b








流星の絆

ドラマのあらすじについては原作を踏襲しているそうですが
ドラマの世界観については原作の「げ」の字も感じられない
アレンジが効いております(笑)

ドラマとしては物語以上に
クドカンさんが担当するとキャラが際立ちますからねぇ。


冷静沈着だけどもキモくてコワい長男
思い立ったら一直線の単純馬鹿な次男
気が強いけどちょっと常識なしな長女

このキャラを二宮さん、錦戸さん、戸田さんが
ノリノリで演じられています。













また、尾美さんや要さんら
脇を固める出演者もなかなかです。

第一話にして掴みはOK(≧∇≦)b

また、第1話で詐欺計画について
漫画を使った演出がありましたが、あれには
ちょっと意表を突かれました。

ただ、あれを定番にしてしまうと
役者のスケジュールの都合がつかないから
こういう演出にしたのかなってちょっとうがった
見方をしてしまうのは自分だけでしょうかね(; ̄∀ ̄)ゞ

後、主題歌については
ポスターや公式HPの画面と
ドラマの雰囲気を比較すると今んとこピンときません(笑)








七瀬ふたたび

原作は未読なんですが、なかなか面白いですね。

主演の蓮佛さんは初めて見ましたが
透明感のある感じがする女優さんですね。

雰囲気が原田知世さんに似てる気がします。

また、笑顔よりも
憂いのある表情にスゴイ魅力を感じます。





こんな自分はおかしいでしょうか(; ̄∀ ̄)ゞ


それから他の出演者の中で
柳原さんと朗君を演じる子役の存在が
ドラマを和ましてくれます。


そういう幻想的でミステリアスな匂いのする作品ですね。








小児救命

こちらはなかなかな社会派ドラマとなっております。
こういうシリアスな展開はテレ朝は上手いですね。


小西真奈美さんはこういう物語がしっかりした
作品がハマりますねぇ。

また、社会の問題にメスを入れながらも
主人公の過去に謎をもたせるサブストーリーもなかなかに光ります。

そこで主人公がどのようになっていくのかも面白いところです。


それから脇を固める役者さん
笛木優子さん、正名僕蔵さん、田実陽子さん、渡辺えりさんについても
それぞれに抱えるものがあるようで。

その辺りのストーリーも楽しみなところです。

それから主題歌のB’zが思った以上にハマっている

ちなみに救命救急士役の勝地涼さん。

その髪型が不評のようですが
その彼は今、香取慎吾さん主演のSPドラマ「黒部の太陽」に
鉱夫役で出演されるようで

そのための役作りも兼ねているようです( ̄▽ ̄)








ギラギラ

これはもう佐々木蔵之介さんの魅力を引き立てる作品ですね。
佐々木蔵之介さんのためのドラマと言っても過言ではありません。

また、この手の夜のドラマはテレ朝は十八番にしてますからねぇ。

敵が味方に、味方が敵にと
おそらく今後は展開の早さでも楽しませてくれる事でしょう。

佐々木蔵之介さんが好きな方には(私も含めて)
楽しくみれる作品です( ̄▽ ̄)








Room Of King

第1話はかなり面白かったです。
ただ、回を重ねる度になんとなく
パワーダウンしているような印象を受けます。








ユメをかなえるゾウ

初回はSPの影響もあって面白かったんですが
「風のガーデン」の後という事もあってか

どうしても比べてしまうために
回によってはドラマの良さが霞んでしまうとこがあります。

古田さんのガネーシャが面白いのになぁ。







OLにっぽん

なんとなく日本人は中国人を見下すような感覚があるのですが
中国人から見習うべきものがあるのだと

ドラマの趣旨としてはそういう感じでしょうかね。

ある意味、中国に対する危機意識を持とうとする作品の
意味合いもありそうです。

観月さんのキャラはなかなかな感じはするんですが
脇を固める役者さんがどうも日テレにして
持て余している印象を受けます。

例えば美波さんとか

それと宮地真緒さんも出演してるんですが
彼女に役名がないというのにちょっと驚きました。

これは実力主義の下克上という事なのでしょうか(; ̄∀ ̄)

それから物語の展開ですがドラマ自体がもたついているというか
場当たり的な展開が第2話で目につきました。

回によって物語の出来にばらつきがありそうです。








セレブと貧乏太郎

上戸さんと上地さんのキャラとドラマの世界観が作り出す
インパクトだけでドラマを見せようってしてる気がします。

全体的に上戸さんと上地さんのアップのシーンとかが
目立ちますしねぇ。

とりあえず気楽に見る分にはいいのかもしれません。








チーム・バチスタの栄光

原作はいい!と色々なとこから評判が高い作品でしたが
ドラマはそれほどじゃなかったって感じです。

一応、ドラマの流れとしてはミステリアスな感じだと
思っていたんですが

なんか人情的な要素があったりして

ドラマのイメージがどうもブレてる気がします。








サラリーマン金太郎

広島では一週遅れでございますが
第1話を見た限りの印象では

永井さんは矢島金太郎を演じているというよりかは
矢島金太郎を演じてた高橋克典さんを演じてるって感じがします(苦笑)

個人的に青山倫子さんが見れたらいいかなぁって気分です(〃▽〃)ゞ








SCANDAL

一人の女性が失踪した事で
彼女の知り合いだった年代も価値観も異なる
4人の主婦が彼女の失踪の真相を追うと。

その中で4人それぞれが抱える悩みとか
彼女達が知らなかった事実が明らかになっていく

こういう各人物の背景や心境を描いていく辺りは
流石は井上さんって感じですかね。

じっくりと見てはいきたいのですが
なにぶん、年賀状の時期なので簡単レビューか
不定期になりそうな感じがします。








スクラップ・ティーチャー

イマイチ、ようわからんです。
どこがいいんでしょうかねぇって感じです(; ̄∀ ̄)ゞ








ブラッディ・マンデイ

ドラマ以前に原作が元々好きになれなかったもんで(; ̄∀ ̄)ゞ

ウイルステロを目論むテロリストの前に
一人の天才ハッカーがそれを防ごうとする。




だったら
その天才ハッカー殺せばいいじゃん(爆)




わざわざ妹なんか人質に取らなくてもさぁ (゚Д゚)y─┛~~


たしか何話かチラッと読んだ記憶があるのですが
お子ちゃま向けの設定なんですよねぇ。


通常は物語を見せるためにスリリングな展開があるもんなんですが
この作品の場合、スリリングな展開を見せるために物語があるって感じです。


ドラマ化されるとそれが忠実に再現されてるみたいで
出演してる役者さんがいいだけに余計にガッカリです(苦笑)








イノセント・ラブ

今日の昼頃、会社の女性社員にこのドラマに出演してる
北川悠仁さんについてどうだった?って聞かれました。


私「(演技が)棒だったね」


女性社員「(ため息をついて)やっぱり〜」


そんな風に言ってました(笑)

でも、彼女はゆずのファンという事なので
頑張って見続けるそうです。



まぁそういう作品ですね (゚Д゚)y─┛~~



第1話という事で
北川さんの批評は色々と差し控えましたが
意外にこういう意見が多いので取り上げてみました。

なんて現金な私でしょう(; ̄∀ ̄)ゞ


こういう方を相手にして視聴率どうこうを言われては
堀北さんが不憫に見えるのですが。


公式HPとかで赤い紐でくくられた二人を見てると罪人という印象を受けます。

そのせいもあってか
雰囲気的に主人公の行動を見てると気味が悪い感じがします。

その気味悪さの原因は回を重ねていけば分かっていくのでしょうけど

それには頑張って見続ける忍耐力が必要です(苦笑)










以上、こんな感じでございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2008年10月クール 連ドラの序盤の感想など
取りあえず今期の連ドラがスタートとしたと云う事でざっくりと感想などを。 ほとんどが録画で時間がなく、時に早送りで観ているという状況なので 不備な点はご了承下さい。 ...続きを見る
The Glory Day
2008/10/23 10:02
どらまらんきんぐAUTUMN2008-初回- (ドラマ)
1位□流星の絆 いろんな意味で視聴者の想像を裏切り、結構賛否両論な作品になりました。 もちろん原作者ファンの僕としては、もっともっとシリアスな部分を演出してほしいです。 けれどそれはもう白夜行でできたと思うので、同じことをしても仕方ないかなという気もしました。 なんで、クドカンの脚本を受け入れて楽しみながら見ていこうと思います! ...続きを見る
どらまらんきんぐ×学生日記
2008/10/26 20:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasamaさんたくさん見てますねー。
七瀬ふたたびは私も見てみたいと思いつつ
いつもこの時間帯はなぜか見られないんですよねぇ。
オー!マイ!ガール!も結局2話目も見られなくて
視聴断念しました。トホホ
みのむし
URL
2008/10/24 10:42
みのむし様
初回は一応全部見るのが
自分の決め事なもんで(; ̄∀ ̄)ゞ

特にNHKドラマは見落とさないように
気をつけてます。

>オー!マイ!ガール!も結局2話目も見られなくて
>視聴断念しました。トホホ
じゃあ、また別のドラマで会いましょう( ̄▽ ̄)/~~
ikasama4
2008/10/25 00:32
はじめまして
わたしも蓮佛さんは知世ちゃんに似てるなあと感じていました。
瞳のきれいなこれからが楽しみな女優さんです♪
しょうこ
2008/10/25 13:10
しょうこ様
はじめまして。
>わたしも蓮佛さんは知世ちゃんに似てるなあと感じていました。
仲間ですねぇヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

そうですね、目もキレイですね。
それに写真で見る姿とドラマで見る姿とでは
雰囲気とかが全然違う感じがしますしね。

ホントこれからが楽しみですね( ̄▽ ̄)♪
ikasama4
2008/10/25 18:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008年 第4クール ドラマ 初回評価 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる