渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 篤姫 第35話 「疑惑の懐剣」

<<   作成日時 : 2008/08/31 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 6

相変わらずのように京方と大奥の争いは続く。

京方は朝の恒例である代々の将軍の位牌に対して
手を合わせようともしない。


そんな時、上様が宮様の下へ御渡りがあった際
二人は結局何もなかったらしい。


その御付きの坊主が
宮様がキラリと光るものを持っていたとの報告を受けた。

それがもしや懐剣ではないか。



滝山は急ぎ、宮様に事の真偽の確認をとるものの


庭田様が

「武家やから、ずけずけやのうてぶけぶけやのう」

と滝山のみならず観行院さえも
サム〜〜〜〜〜〜〜〜くさせる始末


ただ、京方の言い分は分かる。


大奥では将軍様と御台様との夜の際に
二人が何をしているのか見張りの者が側にいる。

それは宮様に対してあまりにも失礼であろうと庭田様が怒るのもよく分かる。


だからとはいえ庭田様の御言葉

変われるものなら
変わって差し上げたい






・・・・・いや、それはちょっとヽ(;´Д`)ノ






更に「御台所」という呼ばれ方も気に入らないらしく
「宮様」と呼ぶようにとの事らしい。





天璋院からすれば
それくらいの事で揉め事が起きないですむのならばと
容認するのだったが

今度は大姑の本寿院と歌橋が出てきて

御台所はそもそも徳川家で使われし由緒正しき呼び方であり
帝の御威光をひけらかし何処まで勝手になさるのかと

京方に対して烈火の如く御怒りになり



どっちもどっちじゃと呆れる天璋院であった。









その頃、薩摩では
久光が西郷さんを呼び、此度の上洛に対して意見を聞く事にした。


西郷曰く
京で帝より勅状を受けるとの事ですが
御当主でもなく(実権はともかくこの時の薩摩藩主は久光の息子)
官位もなく京との繋がりもない久光様では何も出来ますまい。

斉彬様と違うていわば一介のじごろ(田舎侍)


じごろじゃと!!!!

久光は声を荒げ、彼の切れ長の目が丸く見開く。



久光は冷静をとりつくろいながら西郷を下がらせた。




その後の久光がどうなるのか
ドキドキする帯刀と大久保さん。


・・・・・・・



あの男、わしをじごろと言いおった!!








一応、触れておくと
斉彬は江戸住まいが長かったので
幕府の要人や譜代大名・とザマ大名のみならず
京の近衛家等等、京の方々とのつきあいもありましたので
人脈が広かったと思われます。

それにドラマでの斉彬は
西郷さんや万次郎さんのズケズケとした物言いに対して
怒る事なく真摯にその意見を聞いていた訳ですが

久光の場合
薩摩国から一歩も出た事がないひきこもり人間なので
たいした人脈がなく

以前、万次郎さんの意見に対して逆ギレしていたとこも
あるように君臣の区別をハッキリさせるべきであるという
いわゆる保守派(=旧来型の幕府思考)な訳で。

いくら兄の遺志を継ぐからとはいえ
その思考までは継ぐ事が出来なかったみたいです。

そういう点では兄に対して
コンプレックスを抱えている気がします。


その一方で
久光は自分の息子を今泉島津家の養子として
その養子を今泉島津家の当主にさせます。


自分が上洛した際に
藩内で反乱が起きた場合、可能性として高いのは
天璋院の実家でもある今泉家である可能性があるため

そのほころびをなくそうとする久光の判断ですが

もうひとつの理由が
久光が人を信じられぬ男だからだそうです。


こういうとこは流石、兄弟です(苦笑)



藩命としては致し方ないのですが
島津忠敬は当主となったものの隠居しなければならなくなった。

藩命としてその意見を快く受け入れたような忠敬であったが

雨の中、声をあげて剣の稽古をする姿に
忠敬の心中を察する帯刀であった。


・・・やっぱり目のふちどりが濃い(笑)

まぁそれで貫禄が出ている感じはします。





さて、一方の大奥では
未だに宮様の懐剣の噂が絶えないので
天璋院が宮様と直に話を聞く事になった。


しかし、宮様は
どんな問いかけをしても「はい」しかお答えにならない。




業を煮やした天璋院は






失礼仕りまする。


強・硬・手・段

この設定が笑えるわなぁ。




流石にそこまではないだろって感じがするんですけどね。




しかし、そんなすったもんだの騒動があって
宮様の懐から出てきたのは剣などではなく鏡だった。




それを見て天璋院は安堵する訳です。



何故、彼女は鏡を持っていたのか。



それは御渡りの前に
上様に会っても大丈夫なように
鏡を使って身だしなみを整えていたから。


かつて自分にもあった女心を
宮様に感じた訳ですからね。




そこで天璋院は家茂に
自分が思う事を正直に宮様に話す事を勧める訳です。

そんな事をしてもと渋る家茂に
天璋院は母からの命令だと断じて譲るつもりはありません。


自分の気持ちを偽る事なく正直に話す


それがかつて天璋院が亡き夫と心を通じ合えた
やり方なのですからね。





そして、御渡りの夜



家茂は和宮に語りかけた。

今何よりも大事だと思っている事から話します。

攘夷の実行はかないますまい。

幕府は帝に対し奉り10年以内の攘夷を約束致しました。
鎖国を続ける事は最早かないますまい。

道はふたつにひとつしかないのです。

国を開くか
国を閉じ国を滅ぼすのか



――――それは間違いのない事ですか。

日本国のため、私は徳川将軍家に嫁ぐ覚悟を決めました。

この国を滅ぼすためにはまいりますまい。

攘夷が戦を招きこの国を滅ぼすのだとしたら
今は攘夷を諦めるしかないかと。



ありがとうございます。


家茂は和宮の手をとろうとしたものの
あまりの事に恥ずかしがる和宮に改めて距離を置きかしこまった。



その事、いつか帝も御分かり下さりますかと思います。

公武合体はこの国に平和をもたらしまする。

私はその証として生きてまいりまする。
それより他に私の道はない。



私はそなたを大切にしたい。いえ、幸せにします。


幸せ?


何よりも妻として。




翌日、恒例の朝の位牌に対して京方では和宮がただ一人手を合わしていた。


その姿を見て家茂は和宮に笑いかけた。

そんな夫の姿を見て和宮も笑う。


その後、家茂は
「母上様のおかげです」

とでも言うように天璋院に笑いかけた。



そんな息子の姿に天璋院も嬉しくなって笑った。







その頃、薩摩ではついに久光が兵を挙げた。


その出来事が天璋院を苦しめる事になるであろう事を
この時の彼女はまだ知らない―――――。


















今回、坂本龍馬さんが登場しました。

大体こんな感じかな。








台詞が全くありません(; ̄Д ̄)







そりゃ久光様もご立腹です(笑)







こうした出来事が
久光と西郷さんの確執になっていくみたいですね。

久光は西郷さんの物言いで西郷さんが嫌いになったみたいでしたが
西郷さんの場合、久光さんそのものを認めていないというか

敢えてぞんざいな言い方をする事で久光さんを
自分が仕えるべき主君であるかどうか試しているようなとこがありますね。




そういやぁ今日、こちら広島では
歴史ミステリー番組なるものがやっていて

家定や井伊直弼は暗殺されて、その指示をしたのは天璋院ではないかという説を立てていました。


まず、天璋院は一橋派の意を受け斉彬に大奥へ送り込まれたという事

そして井伊直弼が大老となり家定が彼の傀儡になってしまった事で
家定が必要のない人物であるという事で暗殺したであろう事

また井伊直弼が殺害された桜田門外の変で
直弼を討ったのは襲撃犯の大半が水戸の浪士の中で
ただ一人、薩摩藩士で参加していた有村次左衛門であるという事


実は誠忠組(精忠組)は1859年からあり
有村次左衛門も誠忠組の一人でその頃、脱藩して江戸にいた事から
裏の仕事をする人間だったのではないかという事

また誠忠組のボスは西郷隆盛だった事から
西郷さんは斉彬や篤姫の命に従って動いていた秘密結社を取り仕切る人間だったのではないかと。

しかし、家定の死後には
斉彬も亡くなり西郷さんも島流しにあった事で
天璋院が有村に直に井伊直弼の暗殺の命を下したのではないか
というものらしいです。


らしいです。


たしかに分からんではない考えでもありますがね。



家定暗殺に関しては正直、納得がいきません。

家定が死んだところで
後を継いだ家茂はまだまだ若いために政は井伊直弼が行う事は必定

家茂は直弼の傀儡とたいして変わりありません。


そんな変わらない状況をわざわざ作るために
家定を暗殺するなんてねぇって感じです。

更に付け加えるならば
家定を暗殺するくらいならば
井伊直弼を暗殺して、家定を一橋派にするという事を
考えるべきではないかと思うのですがね。


そうなれば家定暗殺よりも
直弼暗殺が一橋派では重要視されるような気がするんですけどね。



それから、今回
薩摩藩が京へ上洛する事で
帯刀もそれに帯同する事になったのですが

彼は今回の上洛は戦だから生きては帰ってこれぬって言います。

その時、妻であるお近は
「勝って生きて帰って下さい」って夫にお願いする訳です。


このシーンはとっても良かったんですけどねぇ。



まさか、その京で帯刀が愛人を作るとは
流石のお近も思っていなかった事でしょう(; ̄∀ ̄)


ちなみにこの愛人は琴さんと言うのですが1866年に帯刀の子供を生みます。


1866年でいうと

お近さんは1828年生まれなので、この時38歳

小松さんは1835年生まれなので、この時31歳

で琴さんは1848年生まれなので、この時18歳


・・・・・帯刀さん、ちょっと若過ぎやしないかとヽ(;´Д`)ノ








さて、次回は薩摩藩の上洛によって天璋院の立場が危うくなるみたいです。

帯刀はただ日本の政を変えたいと思っているみたいですが
そのために天璋院の身が大変な事になるとは思ってなかったみたいです。

そういうとこではまだまだ抜けてます。




それから先程「情熱大陸」を見ていたら
来週の「情熱大陸」のゲストは松田翔太さんだそうです。




こちらもちょっと注目です( ̄ー ̄)b

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【篤姫】第三十五話
全ては私の落ち度。どのような、処分も受ける所存にございます。和宮が、家茂公のお渡りの時、懐に懐剣を忍ばせている。と言う話が出て、天璋院の周りは騒然となった。結局、それは、身だしなみを気にした鏡であった事が分かり、話は落着したが、騒ぎを持ち込んだ滝山は責... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2008/09/01 00:20
篤姫 第35回「疑惑の懐剣」
まず懐剣という言葉が分らず、懐かしい剣と解釈すると全く訳が分らなくなるので、きちんと調べてから、物語に映る必要があります。懐剣とは護身用の刀のことで、幕末期などには実際... ...続きを見る
あしたまにあーな
2008/09/01 00:39
篤姫 三十五話
和宮が降嫁してきてから、不穏な空気が立ち込めるのは わかっていましたが、なんていうかここにきて篤姫に共感 できなくなってきました。 ...続きを見る
Simple*Life
2008/09/01 11:21
「篤姫」第三五話
誤解は誤解を招き、不信感は不信感を呼ぶ。 第三五話『疑惑の懐剣』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2008/09/01 16:35
篤姫 第35話「疑惑の懐剣」
 今週のサブタイ「疑惑の懐剣」ってこれ、ものすごく前に見た記憶がある…と思ってたら、去年の「呪いの笛」といろいろソックリでした。サブタイにもなってるわりに懐剣問題は大したことなく、さいごに一瞬出てきた坂本龍馬と同じくらいの肩透かしでしたけど。  そう、満を持して登場の坂本龍馬ですが、正味10秒も出たかなあ。これも去年、満を持して登場したガクト景虎の、あっと驚く肩透かしな初登場を彷彿させますけど、あれほどの芸もありません。ていうか、あっちが普通のノリじゃなかったんだけどね(笑)。  あんなに騒いだ... ...続きを見る
遊人庵大河塾
2008/09/01 22:21
公武合体じゃ(宮アあおい)合体・・・(堀北真希)俺は医者だ・・・延命する(竹野内豊)
夏の終わりの日本テレビの猛攻・・・「篤姫」?23.3%・・・「Tomorrow」 ...続きを見る
キッドのブログinココログ
2008/09/02 02:47
誠忠組or精忠組??
やはり習慣の違いは如何ともし難いのです{/kuri_5/} 京風と江戸風、朝廷と武家では全く違うのですね。 どちらかが歩み寄らなければ… それにしてもさすがの滝山もすっかり天璋院派に なりましたね{/kaeru_love/} 『たまに羽目を外しますか』と滝山。 『そうこなくては』と天璋院。 最初は拒んでいた滝山ですが… 二人だけの宴会が始まったようですね{/drink_sake/}{/drink_ochoko/} 一方 奄美から西郷さんが帰ってきましたね{/abanzai/} 国父・久光との初対... ...続きを見る
函館 Glass Life
2008/09/02 09:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いくら替わって差し上げたくても、ご寝所で
嗣子が待っていたら、家茂さまはショック死なさるかも。。。(-_-;)
なんか、スッカリ寒いお笑い担当の嗣子でした。

和宮と家茂のシーンは微笑ましかったです♪
まだ全く親しみ合った関係もない内から
攘夷はならないと告げるのは、どうかと思いましたが。。。(^^;)

家定暗殺説は、どうでしょうね〜。。。
まぁ、通説では障害があったかもと言われている将軍だから、
世継ぎも作れないし時期将軍の決定に役立たないから
殺してしまったと言う事はあるかも知れません〜。

>後を継いだ家茂はまだまだ若いために政は井伊直弼が行う事は必定

そして、家茂も殺してしまおうと思っていたとかね〜。。。

歴史は解らないですよね〜。。。
家茂にも暗殺説がありますもんね。
和宮偽物説とか。

色々考えればキリがない。
だから面白いですよね(^.^)
くう
URL
2008/09/01 00:35
確か小説でも家定暗殺・・・みたいな下りがあったように
思います。家茂が死ぬ時に、そういえば家定さまも〜。
見たいに篤姫が振り返るという形で誰かた毒を盛ったのでは?
って不審に思う場面がありました。
あれを読むともしかして井伊が家定を〜。と
思ったりしましたよ。
篤姫が家定を暗殺というのはちょっと考えたくない
ですね。家定を暗殺したのは井伊というのなら
すごくわかるんですけどね。
みのむし
URL
2008/09/01 11:28
こんにちは。
2週つづけてメイコさんがOPクレジットの大トリなのが落ち着かなくてしょうがないです。他にいないけど…たしかに…。

久光挙兵の理由は、わたしも今いろいろ当たっているところなんですけど、どうも、そう単純な理由ではないみたいですね。
久光とお由羅一派の残党が斉彬を暗殺したのではないかという疑惑を西郷はずっと持っていて、それで久光に終生好意を持てなかったのだ、という解釈もありますけど、それもウッスラあるような気もします。
ドラマ内だと、西郷は久光を見ても「斉彬にはとても適わない」としか思えず、半分投げやりになってああ言ってしまった、最初から久光の下で働こうという意欲はゼロだった、というふうにも見えます。

暗殺といえば、歴史ミステリー(わたしは見てないですけど)、いくらなんでも荒唐無稽にすぎるような気がします(笑)。
家定を暗殺しても意味が無いというのは同感。
なんで最後に江戸城にのこって徳川家存続に尽くしたのかも、それだとよくわかんないですね。
むしろ和宮のほうが刺客くさいかも(笑)。
遊人庵庵主
URL
2008/09/02 07:52
くう様
御髪を下ろした庭田様を想像しただけで
かなりショックを受けそうです(; ̄∀ ̄)

そんな中で和宮と家茂とのシーンは
互いに恥じらいを持ちつつも
思いを寄せている雰囲気が良かったです。

家定暗殺説はありえなくもな話かもしれませんがねぇ。

こういうのは
結構自分にとって都合のいい歴史しか
公開しないようなとこがありますからね。

そうそう家茂暗殺説とか
和宮偽者説とか

他にも西郷さんは西南戦争後
中国に亡命していたとか

ホント色々ありますからね。

>だから面白いですよね(^.^)
ですね(≧∇≦)b
ikasama4
2008/09/02 20:50
みのむし様
展開的に家定が暗殺されたとして
家定が死ぬ事で一橋派にメリットはないような
気がしてしまうんですけどね。

>家定を暗殺したのは井伊というのなら
>すごくわかるんですけどね。
同感です。
傀儡という点では家茂の方が都合がいいからという事で
自分も井伊の一派が手を下したって感じが
一番しっくりくるんですけどね。
ikasama4
2008/09/02 20:51
遊人庵庵主
こんばんはです。
すっかり庭田様は大奥のヌシになったようです(笑)

久光の挙兵に関しては
見方によっては大久保さんや小松さんに
そそのかされたって感じも見えなくないですね。

西郷さんと久光さんの仲が悪い理由は
あれこれ思いつきますが

結論として西郷さんと久光とでは仲が悪かったのは
確実みたいです(苦笑)

>いくらなんでも荒唐無稽にすぎるような気がします(笑)。
たしかに突飛な発想です。

まぁそういう発想は別段悪くはないと思うのですが
終始その意見を肯定できるかもしれない資料ばかり集めてて
その意見を否定する資料とかを提示してないってのが
個人的にイマイチでした。

>むしろ和宮のほうが刺客くさいかも(笑)。
で、実行犯は庭田様と(笑)
ikasama4
2008/09/02 20:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
篤姫 第35話 「疑惑の懐剣」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる