渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS あんどーなつ 第8話

<<   作成日時 : 2008/08/25 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

今回はキャスティングと設定に大笑いしてしまいました(≧∇≦)



1.
梅さんが若い可愛い女の子と一緒に暮らしてるΣ(゚д゚ノ)ノ
その女の子が梅さんの従兄弟の娘さんのアンナさん(大笑)

梅さんがみんなに相談しなかったのは
浅草の人は善しにしろ悪しきにしろ
おせっかいだからって事なんですが

そのために町中すっごい噂になってましたけどね(笑)



2.
満月堂にやってきた外国人のお客さんは
このドラマの主題歌を担当するMONKEY MAJIKさん
で、最後に「どうもありがとう」って日本語で挨拶したもんだから
梅さんがテンパって
「サンキューでした(;・∀・)ゞ」

傑作です(≧∇≦)b



3.
なっちゃんの故郷は福井県
もうこれだけでツボです。

何せ福井県は「若狭」ですので



4.
アメリカで特殊メイクの勉強をしたいために
英語の勉強も頑張る魚屋の息子さん・憲司を演じるのは五十嵐隼士さん

この方はフジのドラマ
「わたしたちの教科書」で風吹ジュンさんと親子役で
怖〜〜〜〜い音也君を演じていましたが

今は時期的に
「そんな事はしないんだニャ〜〜〜〜〜〜」って感じです(笑)





さて、今回は
なっちゃんとおばあちゃんとの触れ合い

それと
憲司と父親の触れ合い


この二つに尽きますね。







休みを頂いて故郷・福井に戻り入院中のおばあちゃんに会いに行く奈津。

奈津の記憶のおばあちゃんは福井から出る前の姿のままだった。

でも、入院中のおばあちゃんの姿を見て
思わず息を飲んでしまう

でも、その動揺を悟られまいといつものように
接するように努める奈津。


こういうのはホントにキツイです(T▽T)

故郷にいるおばあちゃんやおじいちゃんは
自分の心の中では別れた時に会ったままの姿なんですよね。

でも、何年かして会った時
病とかで弱った感じが見えてしまうと

途端にその姿が記憶を上書きしてしまいますからね。

その時は今まで会わずにいた事を後悔してしまうんですけどね。


しかし、おばあちゃんは

あの御小遣いもそうだし

そして、あの手紙。



なっちゃん

あなたはいい仕事にめぐり合えたのです。

この道を決めたからには故郷を捨て
私の事を忘れて
一心不乱に働きなさい

和菓子職人の道が成就するまで何があっても
戻ってきてはいけません。

では

祖母 たみ



今までと変わらずに
自分の事を思ってくれているおばあちゃん。


これはたまりません(T▽T)


更になっちゃんを見送るおばちゃんの顔が見えないのも
たまりません(T▽T)






そしてトドメは魚屋の親子ですね。

息子が大学を辞めた事で
息子が魚屋を継ぐ事を決めたと思った父親は
息子のために今の家屋をマンションにしようとしていた。

でも息子が大学を辞めたのは
自分の夢である特殊メイクの仕事をしたいから。




ぶつかり合う親子


息子の覚悟を認めようとしない父親


そんな父親に息子が言った言葉

俺は俺のために生きているんだ。

親父だからと言って俺の人生、勝手に決めないでくれ!



その言葉に父も母も驚く。

それはかつて父が8歳も年上の母と一緒に結婚をすると
祖父の下に行った時、祖父はそんな8つも年上の嫁をもらうのかと反対をした。

その時
父は祖父に向かってこう言った。

俺の結婚は俺が決める。

父親だからって俺の結婚、勝手に決めないでくれ!



この時、改めて二人は親子だなと感じると同時に

父はかつて祖父が自分に言った事と同じ事を言ってしまってた訳ですからね。

おそらくどこかで自分は父みたいにはならないようなとこを
憲司の父は思っていたのかもしれませんが

いつのまにか、同じ事を言っていた自分にショックを受けていたのかもしれません。

何せ自分の人生を自分で切り開いてきた自分が
息子の人生を潰そうとしていたのですからね。


それが自分が怪我をしたために
息子が何とかしなければならないと魚屋を頑張る姿に


おまえ、覚悟は出来てるって言ったよな。
それなら初志貫徹して今すぐアメリカに行け。

今になって怖くなったんじゃないのか。
お前の覚悟はその程度のものなのか。

そうじゃなかったらお前の覚悟を見せろ!



あの時の父の顔は完全に飯富さんです(T▽T)b





最後までドラマ違いばかりで相すまぬ事です(; ̄∀ ̄)ゞ




そしてなっちゃんもまた新たな仕事を親方に任されて
成長していってますからね。

これからのなっちゃんもまた楽しみです(≧∇≦)b

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あんどーなつ 第8話:しょっぱい帰郷
頑張れ、憲司!p(*^0゚)/ ファイト〜!! ...続きを見る
あるがまま・・・
2008/08/25 23:54
「あんどーなつ」第8回
 いや〜このドラマのほのぼのオープニングが始まるとほっとするわ〜 女将さんの光子の涼しげな着物も素敵でしたわ・・・ ...続きを見る
トリ猫家族
2008/08/26 15:56
「あんどーなつ」第8回
 いや〜このドラマのほのぼのオープニングが始まるとほっとするわ〜 女将さんの光子の涼しげな着物も素敵でしたわ・・・ ...続きを見る
トリ猫家族
2008/08/26 15:57
あんどーなつ 第8話
あんどーなつ 第8話 TBS 2008/08/25 (月) 20:00〜 「しょっぱい帰郷」     ★はじめに   いよいよ、奈津は故郷の福井に行きました。 このロケでは、西川県知事が激励に訪れたそうだ。 福井と縁のある貫地谷しほり嬢ですから、それは地元では大歓迎でしょう! ...続きを見る
シャブリの気になったもの
2008/08/26 20:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
憲司は音也だったとはっ!!!
今回は風吹ジュンさんとの一緒のシーンが無かったですよね
残念・・・
奈津のおばあちゃん、本当は奈津に毎日でも会いたいんでしょうに
奉公先への気配りや、職人というものへの心構えをしかと
孫に伝える姿が昔気質のいいおばあちゃんだな〜って!
奈津がおばあちゃんと対面した際に、一瞬ん?てな
表情をしたので、藍沢んとこみたいにボケちゃってる?と
心配したんですが、そうゆう事だったんですねー。
県外の学校に行ってた際、ほんの数ヶ月会わなかっただけで
母親がえらく老けて見えた事がありましたデス。遠い目・・・
まこ
URL
2008/08/26 14:35
おばあちゃんの奈津への手紙には、ホント泣かされましたョ・・
せっかく見つけた新しい道に向かって進んでいきなさい。
自分や故郷のことなんて気にしないで・・って・・
その気持ちをちゃんと受けて、修行に励む奈津がまたね・・・
私も、あの間が、一瞬、おばあちゃんボケちゃった?って思っちゃいました(汗
親戚のおばちゃんとかって、自分にとってはいつまでも子供の時に会った顔がインプットされてるようなところがあるから、久しぶりにあって老いを感じるとびっくりすると共に悲しくなったりして・・
今回、梅さんのスキャンダルにちょっと気になるふうだった光子さん・・
来週、縁談が持ち上がるみたいだから、2人の関係に展開が・・・あるのかな〜?ないのかな?

きこり
URL
2008/08/26 15:47
まこ様
まぁここ最近の感じとしては
ROOKIESの「にゃ〜」って言うキャラが
定着してますけどね(笑)

おばあちゃんと会った時
自分もああいうことがあったもんで
奈津の気持ちが分かります。

>県外の学校に行ってた際、ほんの数ヶ月会わなかっただけで
>母親がえらく老けて見えた事がありましたデス。遠い目・・・
近いうち
自分もそうなると思います(ノД`)
ikasama4
2008/08/28 00:19
きこり様
あのおばあちゃんの手紙
あれはハッキリ言って反則です(T▽T)

「たとえ何があっても」って事は
自分が亡くなったとしても
戻ってきてはいけないよって言ってるような
ものですからね。

そこまで考えてくれているおばあちゃんの思いが
ホントたまらんです(T▽T)

それにしても女将さんも
梅さんのスキャンダルに興味津々で
そこが面白かったです(笑)

>2人の関係に展開が・・・あるのかな〜?ないのかな?
う〜ん・・・・・今まで
ずっと女将さんと和菓子職人って関係だったから
多分これからもずっとそのままって感じがします。
ikasama4
2008/08/28 00:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あんどーなつ 第8話 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる