渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 風林火山 第5話 「駿河大乱」

<<   作成日時 : 2007/02/04 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 10

勘助は庵原家の食客として寿桂尼に目通りをした。


武田家への恨み―――身内を殺されたから。


さて、今回は今川家の家系図をまとめてみやした。


  
    今   ┏━━━━━━━━━━┓
    川   北          伊
 福  義━┳━川          勢 北
 島  忠 ┃ 殿          新⇒条
 家┓   ┃            九 早
  ┃   ┃            郎 雲
  側━┳━氏━┳━寿          ┃
  室 ┃ 親 ┃ 桂          ┃
    ┃   ┃ 尼          氏
    ┃   ┃            綱
    ┃   ┣━━┳━━┳━━┓   ┃
    玄   氏  彦  梅  娘===氏
    広   輝  五  岳      康
    恵      郎  承⇒義
    探         芳 元




今川義忠の代から話を戻すと
彼は領内の一揆で戦死したので
今川家で今回のような後継ぎ争いが起きた。
その時、義忠の妻・北川殿の兄弟である伊勢新九郎が
この騒ぎをとりまとめ、北川殿の息子・氏親が今川家を継いだ。
そして、今川家は駿河のみならず遠江・三河へと
駿河から西に勢力を拡大していきます。


さて、伊勢新九郎はしばらく今川家の家臣として
今川家の勢力拡大に貢献していたが、おそらく当主の許しを得て
円満に独立したものと思われます。

そうして伊勢新九郎は伊豆・相模・武蔵と駿河から東へと勢力を拡大していきます。
彼こそ、北条家の始祖である北条早雲であります。


今川家と北条家との縁はここから始まっております。

こういう縁があって今川家と北条家は同盟関係にあるという訳ですね。



さて、今回に話を(つ´∀`)つ戻して

ここで当主・氏輝が急死。
そして同じく弟・彦五郎も急死。


そうなると今川家の当主の座につけるのは
側室が生んだ玄広恵探と
正室が生んだ梅岳承芳。

跡目争いが起きぬよう出家した子供達が
今度は跡目を巡って争いに巻き込まれる。


勝てば当主になる道が開かれる。
負ければ死が待っている。


僧でいればこんな事にならずに済んだのに。



「家」の都合で翻弄される子供は可哀相ですねぇ。



いつの時代も。




さて、武田について
この頃は京の将軍家や朝廷との関わりが重要視されてたようです。
特に京から離れた地域にとっては。
それは武田家も例外ではなかったようで。


雪斎は寿桂尼が公家の出身という事で
武田家に公家出身の嫁の縁組を取り持つという事で
その見返りに福島家への援軍は見送るという取引を持ちかけたという事ですね。

その嫁は幕府の管領・細川家に繋がる縁の者とあって
もし、この婚儀が実現すれば今川家も武田家を攻める事はないという。

つまり、信濃攻略を考えている信虎にとって
後方の敵が減るという事でも利があったという事でしょうかね。

そういう様々な思惑によってこの申し出が承諾される事になったという訳ですね。

軍師・雪斎というよりかは
怪僧・雪斎って言葉が似合うかな(;・∀・)ゞ



ちなみに寿桂尼は1568年に亡くなります。


つまり、勘助よりも7年も長生きしたという事ですね。
個人的にこっちに驚きました(;・∀・)ゞ


さてさて
福島家の刺客の手からなんとか逃れ任務を果たした勘助は伝兵衛と出会う。

ミツのおかげで伝兵衛は今の生活がある。
それを手放してはならない。


恨みを背負うのは俺だけでよい。


そうして、勘助は今川家の乱に飛び込む。
武田信虎を討つ。

そのために兄者を敵に回して。



兄者は幼き頃、自分に「泣くな、強くなれ」と言ってくれた。
兄者は自分を斬ろうとした。
でも斬らなかった。
自分を生かしてくれた。


この事態を打開するならば今からでも寿桂尼に寝返ればいい。

でも兄は断った。




そうして刃を交える兄と弟。


幼き頃の記憶が蘇る。


「強くなったな、源助。」



兄者は観念した。


「わしには子がない。そなたが山本家を継げばよい。」



逃げてくれという弟に兄者は笑って断る。

「甘き領分でどうする」


「勘助、介錯を」


兄者は首を斬った。
そして弟は兄者の介錯をした。

それが兄者を楽にさせることができる唯一の方法だったから。


儂が斬ったのは余人にあらず。己自身だ。


そうして、勘助は心の中で山本家の家督を継いだ―――。

これで駿河の大乱は一応決着です。


次回は北条家に舞台が移るようですね。
まぁ今川家が武田家と同盟を結んでしまうようなので
勘助にとって今川家に仕える意味がなくなってしまいますからね。


己の大望を見つけるまで、まだまだ勘助は流浪の旅が続くようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「風林火山」第5回
今川家の家督争いを利用して信虎にミツの復習をと思っていた勘助でしたが 空振りに終わってしまいました。 ...続きを見る
Gallery Koyuki
2007/02/04 22:15
大河ドラマ 風林火山 第五回 駿河大乱
今川家の家督争いに乗じて、武田信虎を討つ。 ミツの仇を討つのだ。 だが、その為には敵方の兄じゃをも討たねばならぬ。 母上の墓前に参った。 「兄じゃを討つことを許して下さいませ。」 兄じゃも私を斬ろうとしたのだ。 ...続きを見る
めいほあしあんだ
2007/02/04 23:33
【風林火山】第五話
なれど、兄はそちを斬らなかった。そちを生かしたのじゃ。武田に通じていた福島に仕える兄・貞久を討つか。救うか。勘助は貞久に「手引きする」と言うが、兄は福島と共に滅びる覚悟であった。梅岳承芳と軍師・雪斎の策略で、武田は晴信の縁談を持って信虎との和議を図って... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2007/02/05 00:09
風林火山〜第5話・戦国の世の凄まじさ!
風林火山ですが、今回は戦国の世の凄まじさというか、やっぱりこの大河ドラマはいろいろな意味でスゴイと思います。今川家のお家騒動・花倉の乱についてやるわけですが、正直、緒勢力入り乱れすぎて、何が何だか分からなかったりもしますが、あまり説明しない所もスゴイわけです。(風林火山、第5話・駿河大乱の感想、以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2007/02/05 00:54
「風林火山」第5回 「駿河大乱」
今川家真っ二つ、花倉の乱です。 勘助、今回もまた悲しい出来事が起こります。   寿桂尼・梅岳承芳(後の今川義元){/v/}福島越前守・玄光恵探。 勘助は、大叔父の庵原の仲介で今川家の実質的な女当主・寿桂尼にお目通りすることになります。 兄が福島側にいること福島と武田が内通していること、自分は武田に恨みはあっても誼みなどないことを告げ、寿桂尼を味方することになります。 ...続きを見る
つれづれ さくら日和
2007/02/05 16:27
風林火山第五話『駿河大乱』
蠢動するライバル軍師!!太原雪斎登場!! ...続きを見る
情報掲示板2 BYエコール教材社
2007/02/05 18:19
ミツ(貫地谷しほり)俺は花を摘まんぞっ。(山本勘助)
ま、勘助(内野聖陽)がそう言うわけですよ。ミツはもう物語から退場(死亡)したわけ ...続きを見る
キッドのブログinココログ
2007/02/07 20:33
苦い「相続」の夜・・・(風林火山)
花倉の乱・・・って、ある意味、勝負は決まっていたような・・・。 ...続きを見る
朝凪、夕凪
2007/02/07 23:28
風林火山 第5話「駿河大乱」
「それがし、城攻めは初めてでござる…武者震いがするのうッ!!」 ...続きを見る
オタク戦隊3バるカん
2007/02/11 08:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4さんの今川義忠の代からお話、参考になりました。

軍師・雪斎というよりかは
怪僧・雪斎って言葉が似合うかな(;・∀・)ゞ
あはは〜ほんとですね!(笑)

今回も勘助はつらかったですね〜(涙)
小雪
URL
2007/02/04 22:23
小雪様
>あはは〜ほんとですね!(笑)
立派な僧であっても伊武さんが演じると
なんか腹に野心を抱えた不気味な人物に
見えてしまうもんで(;・∀・)ゞ

>今回も勘助はつらかったですね〜(涙)
見てるこちらも思わずもらい泣きです(;∀;)

でも、悲しみを乗り越えた数だけ
人は強くなれるのかもしれません。

だから、決して勘助はこの経験を
自分の糧にしていくんだと思います。
ikasama4
2007/02/04 23:30
素晴らしい家系図を有難うございます。
これで改めて、頭の中をすっきり整理できました。
人物相関図が理解できてないと、面白みが減ってしまうような気がするので、こうしてikasama4さんのブログで勉強させてもらいながら頑張って見てます。

それにしても勘助の不幸はどこまで続くんでしょう・・・
結末は分かってるのに、先週に続き今週も、それでも泣いてしまいました。

>怪僧・雪斎って言葉が似合うかな(;・∀・)ゞ
はははっ。まさしくそんな感じです。
伊武さん独特の凄み、本領発揮ってところでしょうか?!

とにかくアッという間の45分です。
meihua
2007/02/04 23:43
meihua様
戦国時代は己の繁栄のために
このような政略結婚が頻繁に行われていましたからね。
これらの人間関係がわからないと
何故彼らはあのような行動をとったのか
分かり辛いですからね。

>それにしても勘助の不幸はどこまで続くんでしょう・・・
>結末は分かってるのに、先週に続き今週も、それでも泣いてしまいました。
me too.(;∀;)


>伊武さん独特の凄み、本領発揮ってところでしょうか?!
そのようですね。
今川義元の軍師になりましたので今後も出てきますね。
楽しみな限りです。
ikasama4
2007/02/04 23:53
>勝てば当主になる道が開かれる。
負ければ死が待っている。
僧でいればこんな事にならずに済んだのに。

そっか。。。
そう考えると玄広恵探は気の毒な人ですね。
ストーリーの中で全然ピックアップされていなかったので、
よく理解できない人のまま終わってしまいました。
お勉強になりましたわ。
勘助兄弟も悲しい決着が着きましたが、こちらも
悲しい結末を迎えた兄弟だったわけですよね。
くう
URL
2007/02/05 00:13
くう様
>そう考えると玄広恵探は気の毒な人ですね。
ええ、今回の大乱は視点を変えれば
玄広恵探は後継ぎとして
担ぎ上げられた犠牲者だと思います。

このような家の争いは
兄弟の仲も引き裂くようで
この時代だから家というのは大事なのかも
しれませんが、
今からしてみると家って
命を賭けるまでに大事なんかなって思ったりします。
ikasama4
2007/02/05 08:17
丁寧に人物相関図を書いてくださって、どうもありがとうございました。
これを文字だけで表すと、ややこしいですよね。
で今度、武田もこの相関図に・・直接繋がりはしないんですよね。
でも細川家と繋がって行くのかな?
ややこしいです。
ちょっと今回は見ているときは良かったのですが、記事にしだしたら混乱してしまいました。
さくらこ
URL
2007/02/05 17:47
さくらこ様
>丁寧に人物相関図を書いてくださって、どうもありがとうございました。
>これを文字だけで表すと、ややこしいですよね。
昔は戦を避けるためにこのような政略結婚が盛んに行われていたようですね。

>で今度、武田もこの相関図に・・直接繋がりはしないんですよね。
A.繋がります(;・∀・)

これだけでもややこしいでしょうが
これが戦国の世を乗り切る常だと思われます。
ikasama4
2007/02/05 23:00
ikasama4様、こんばんは。
ミツが死んだので当分レビューはしないつもりでしたが
ikasama4様の記事を読んでいるうちに
ちょっと書きたくなって
遅ればせながら、花倉の乱マップ付レビューをアップしてみました。
とにかく、義元殿も妖しさ爆発ですしね。
今年の大河、どこまで面白くなるんだーっ。
キッド
URL
2007/02/07 20:41
キッド様
こんばんはです。
>ikasama4様の記事を読んでいるうちに
>ちょっと書きたくなって
>遅ればせながら、花倉の乱マップ付レビューをアップしてみました。
そう言っていただくと何かうれしいですね。

マップがつくとやっぱ分かり易いですね。
自分も今後参考にこういうのをアップしてみようと
思います( ^▽^)

それにしてもオリジナルでこんなに面白いとは。
どんどん期待してしまいそうです。
ikasama4
2007/02/08 00:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
風林火山 第5話 「駿河大乱」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる